ヒカキンとセイキン兄弟の伝説級の凄さ7個!アンチも認める実力とは?

ヒカキンセイキン兄弟は二人だけ?」「どれくらい凄い兄弟なの?」「伝説のエピソードが知りたい!」など、ユーチューブ界を引っ張る兄弟二人には様々な疑問が残り、信者の多くは二人の魅力にとりつかれています。

はっきりと言いますが、ヒカキンとセイキン兄弟は日本で最も有名な兄弟と言えるレベルの知名度ですし、ユーチューブ界では敵なしの無敵兄弟といっても過言ではないほどです。

ここではそんな兄弟の「信者さえも知らなかった」伝説級に凄いところに触れることで、アンチもだんまりな圧倒的な存在と魅力をメインに触れていきます。

さらに評価されている部分を具合化することで、「凄い部分を明確にする」ことができることは、ヒカキンセイキンファンにとっての自慢の知識となることでしょう。

あなたがこの記事を読むメリットは、「ヒカキンとセイキンの伝説級の凄さを知れること」「想像以上の影響力を知れること」「アンチもだんまりな魅力を知れること」の3つです。

兄弟に関する細かな情報


まずは兄弟に関する細かな情報を知っておいてください。ヒカキンセイキン兄弟は「二人兄弟」であることが確定していて、二人で共に苦難を乗り越えてきた固い絆で結ばれた兄弟です。

家族構成については母親兄弟二人祖父の4人家族で、ヒカキンの本名は「ヒカル」で確定しています。ヒカルとつけた理由は「いつまでも輝いてほしい」という願いが込められていて、まさに母親が願った通りに育った子どもこそがヒカキンであると言えるでしょう。

セイキンの本名は「カツヤ」であり、こちらについては本人や母親が名前の由来を表明してはいませんが、ヒカキンの由来を考えるときちんとした意味が込められていることが想定できます。

まずはヒカキンとセイキンが二人兄弟であり、他には兄弟がいないことがはっきりしました。次の兄弟エピソードにてさらに知識を深めてみるためにも、しっかりと伝説級の凄さを知っておきましょう。

 

兄弟の伝説級の凄さ7個


兄弟で稼いだ金額は数十億?

ヒカキンの年収は「平均年収.jp」が調べた情報によると、広告収入のみで365日×0.11円の計算方式をしたところ、2016年度が「1億1041万円~」との発表がされており、2017年度は「2億3634万円」との発表がされています。

一方のセイキンは2016年のメインチャンネルのみで「7055万円」、2017年は「6573万円」との発表がされているので、少なくとも兄弟で4億近くは稼いでいるであろうとの計算式がなりがちます。

さらにヒカキンセイキン兄弟は、役員報酬や商品レビューといった広告収入以外の収入源を持っているため、推定では広告収入の1.4倍ほどの年収になるのではないか?と言われているほどです。

つまりここから分かるヒカキンとセイキン兄弟の稼いだ金額は、少なくとも4億×1.4倍以上の計算式が成り立ち、ここからさらに年月を重ねることで10億は達成するであろうとの予想が立ちます。

もちろんここから撮影費や従業員の給料が引かれるわけですが、それでもヒカキンセイキン兄弟は今まで稼いできた巨額な金額があるわけですから、仕事に真面目な兄弟二人は貯金額が1億を超えているとの考えもできます。

 

兄弟でプロの歌手デビュー

ヒカキンセイキン兄弟は雑草をデビューしたことが話題を呼びましたが、なんとデビュー作からいきなりMステ出場の快挙を成し遂げていて、あくまでユーチューブをメインに働く兄弟がMステに出ることは、想像以上に凄いことです。

プロの歌手デビューを夢見たものの、テレビに出れない夢老い人は世の中にたくさんいますが、ヒカキンセイキン兄弟はユーチューブという本業を持っておきながら、副業としてプロの歌手デビューを果たしたとの見方ができます。

アンチの中には「あんなのプロじゃない!」と批判的な声もしばし聞かれますが、iTunes Music Storeやレコチョクシングル部門で第1位を獲得していることを考えると、立派なプロであると言えるのではないでしょうか。

また、撮影時の舞台裏を見せることで多くのファンから感動の声が上がり、「ヒカキンセイキン兄弟がやっぱりNo. 1だ!」と再評価されることになったことは、ネットでも大きな話題を呼びました。

 

二人共に優しい人格者

ヒカキンが聖人扱いされているのは有名な話であって、実際にヒカキンには聖人だと認定される人格者エピソードが多々存在します。一方でセイキンもネットでは騒がれないものの、弟ヒカキンや母親思いの素晴らしい兄貴であって、今では子供と母親を守る一家の大黒柱です。

ヒカキンの場合、被災地に募金を呼びかけることや生き物を殺さないことは有名なエピソードですが、セイキンが「器が大きい」ことや「素直なこと」はファンの間では有名な話です。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP