寝てない自慢やアピールする人の特徴7つ

自分の周りにいつも寝てないアピールをする人間がいて困るという人もいるかもしれません。

寝てないアピールをする人は、もちろん本当に寝てないからアピールしている人もいますが、そうでない人も存在します。

なぜわざわざ嘘をつくのかといえば、そうしなければならない理由があるからそれをアピールしているのです。

ここではどんな人が寝てないアピールをするのか、その特徴をピックアップしてみました。

度が過ぎて保守的な人

とにかく何があっても自分を守りたいという人がいますが、こういう人はよく寝てないアピールを行います。

例えば、仕事で自分が失敗する可能性が高いときは、自分を守るためにあらかじめ「俺今日寝てないんだ」と宣伝して、実際に失敗しても寝てなかったことが原因だったことにするのです。

本当は自分の力量不足が失敗の原因なのに、それを認めたくなくて何とかして自分を守りたいから、寝てないアピールをすることによって面目を保とうとするのです。

このように寝てないアピールを行う人の特徴の一つは、度が過ぎて保守的であることです。

 

充実自慢をしたい人

自分の生活がいかに充実しているかをアピールしたがる人がいますが、実はこういう人もよく寝てないアピールを行います。

つまり寝てないといえば、周囲から「忙しい人」「充実している人」だと見られるので、その評価によって虚栄心を満足させようとしているのです。

実際には特に忙しいことはなくて、むしろ暇をもてあましてる人間だったりするのに、そう思われないようにするために「寝てない、寝てない」と連呼する人たちのことです。

見栄っ張りで自慢することが大好きな人ほど、こちらに当てはまっている可能性が高いでしょう。

 

自分の顔を気にする人

睡眠をとらないということは、目にクマができてしまったり、疲れきった顔つきになってしまう可能性があります。

固定ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP