話を盛る人に隠された心理|なぜ癖になる?見破る方法とその特徴15個


一度でも話を盛られたことがある相手に対しては、「この人は口だけ番長かもしれない」との警戒心を強め、決して相手の話を全て鵜呑みにしてはいけません。

話を盛る人の中には、詐欺師や虚言癖といった厄介な人が一定数で見られることからも、話を全て鵜呑みにすることは自分を苦しめ、利用されるだけで捨てられる立場となるリスクを上げてしまいます。

信頼できない人に対しては、自分がいい人を演じて自己犠牲を行うこともありませんし、一定の距離を保ちつつ程よい距離感で付き合っていくことが、最も賢い対処法となるはずです。

また、話を盛る相手に少しでも嫌悪感を持っている時には、その人物には近づかないことを徹底していかないと、家に帰って思い出すだけでもストレスが溜まってしまうほど、嫌いな人物に発展することも珍しくありません。

付き合いとは無理にする必要は全くなくて、自分にとって成長できる環境に身を置くことが、あなたを幸せにさせる方法なのですから、こうした人との付き合いはリスクが伴うことを理解しておいてください。

「口だけ番長は信用できない人」であることを、しっかりと記憶させておくことは、ねずみ講や情報商材詐欺などからあなたを守り、自分の人生にも役立つとの認識をしておきたいものです。

【口だけ番長に見られる共通点の超おすすめ記事】

・言ってることとやってることが違う人に絶対見られる特徴10個|対処法も伝授!

・笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個

固定ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP