顔に出る人の性格や原因|特徴的な行動パターン・改善方法とは?


相手視線で物事を考える

顔に出さないためには「感情をコントロール」する必要があるので、常に相手視線で物事を考える癖をつけることができれば、「相手が今どういう感情なのか?」を知ることができます。

すると「言葉にすることを恐れない」勇気を持つことができ、性格でも述べたように顔に出る人は「気持ちを伝えることが苦手」なわけですから、その苦手な原因を克服しなければなりません。

恐怖心とは自信のなさからくるものですから、言葉にすることを恐れない自信さえ手に入れることができれば、ネガティブな感情ともおさらばすることができます。

言葉にすることを恐れていない人は、どんな状況でも相手の立場に立つことで「こういう言葉が効果的だ」との答えを出せるため、どんな時でも相手に効果的な言葉を投げかけ、自分の感情をコントロールします。

顔に出る前に言葉として出せば心に余裕ができるはずなので、失礼のないように何かと言葉として変換することで、顔に出すといった失礼は避けるように心がけていきましょう。

 

日々ストレスの管理をする

心に余裕を落ち常に自分の感情をコントロールするためには、日々のストレス管理を行うことが最も簡単で確実な方法であり、あなたの心の中にはストレスメーターなようなものが存在すると思っておいてください。

そのストレスメーターが溜まるほどに顔に出やすくなってしまい、メーターが振り切れると感情が大爆発してしまうイメージを持つといいです。

もしもあなたが嫌なことがあったり嫌いな人と街でばったり出会った日には、必ずストレスメーターが増えている状態となっているので、愚痴を共有したりカラオケに行くなどの方法でメーターを下げておきましょう。

外に行くのが面倒な場合は愚痴を吐き出せる場所を見つけておくと非常に便利で、心の中に溜め込んだ不満や不安を外に吐き出しておくことが重要です。

顔に出ない人=緊急事態でも冷静に対処できる余裕を持つ人なので、しっかりとストレス管理を行うことがあなたには必要です。

 

自分の感情をきちんと理解する

感情がコントロールできない人は、実は自分が今どういう感情か?に気づくことすらできていない人で、その場を乗り切ることで頭がいっぱいだからこそ態度に出てしまうわけです。

常に冷静で感情的な態度を取れない人は、自分がカッとなりそうな場面でもその前兆に気づくことで「落ち着け自分」と言い聞かすことができますが、顔に出る人は「この人が嫌いだ」などと目の前のことに夢中になっています。

こちらに関しても心の余裕を持つことが必要であり、自分を第三者目線でしっかりと見つめることができれば、自分が置かれている状況を冷静に分析できる他にも、相手がこの先取りそうな失礼な態度なども自ずと予想がつきます。

心に余裕がない人の場合、言われたことに対して素直に受け取ることでカッと感情的になってしまったり、あなたが嫌いだという露骨な態度に繋がってくることからも、やはり心に余裕を持つことは重要だと言えます。

自分の感情をきちんと理解する際の重点は「一息いれる」ことが重要で、深く深呼吸したりその場を数秒でいいので立ち去ることができれば、冷静な判断ができる状態へと自分を戻すことができます。

 

はっきり分かりやすく伝える

はっきりと分かりやすく伝えることができなければ、パニック状態となり顔に出てしまう割合をより高めてしまうだけです。

特に嫌いな人との会話になれば、相手が何を言ってるのか分からない時に多くの人は、「嫌いなことがバレないように丁寧に聞こう」とするものですが、これは心の余裕がなくなっている瞬間です。

そうなれば目の前の事ばかりに気が行ってしまい、自分の感情をコントロールするという重要なことを忘れてしまいます。

顔に出る前に嫌いな人に対しては「ちょっと用事がある」と分かりやすく伝えておけば、その場をすぐに立ち去ることもできますし、いつでもその場から立ち去れるという余裕を持つことができます。

気分が乗らない時や苦手な相手と会話する際には、必ず事前にその場を離れることができる用事を伝え、はっきり分かりやすくシンプルに伝えておけばいいのです。

 

【マナー違反】の自覚を持とう


嫌な気持ちや不愉快な気持ちが顔に出ることはマナー違反であり、相手を傷つけたり嫌な思いをさせるきっかけを作ります。

だからこそ顔に出る癖は今すぐ改善すべきで、社会に出ると何かとマナーに敏感な日本人は顔に出てしまったことが原因で、職場での孤立を招いてしまうことも十分考えられます。

記事中にも述べましたが、嬉しい気持ちが顔に出ることは何ら問題もなく、周りを幸せに明るくさせる要因であるので、気分が乗っている時には存分に自分らしさをはっきするといいでしょう。

しかしながら、やはり相手に勘違いされてしまう嫌な顔を出すことは控えるべきであり、相手に嫌われかねない態度はできるだけ控えるべきです。

世渡り上手な人とは相手の立場で物事を考え、一緒にいて心地よいと思われる人なので、しっかりと対処法を実行していくことであなたは世渡り上手になれ、魅力的な能力を手に入れることができるはずです。

【顔に出るで検索した人にオススメの記事】

・わかりやすい人の特徴と性格8個|メリットデメリット・行動パターンとは?

・単純な人が持つ魅力と短所10個|特徴診断・天職・恋愛傾向まとめ

・スマートな人の特徴や魅力12選|相手がそう感じる瞬間・絶対条件

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP