カラオケ嫌いな人の特徴とは?心理と性格傾向|原因や割合の20項目

こうした環境の中で楽しいフリをしたり、周りに気を使って盛り上げ役などを買って出る人もいるのですから、カラオケを嫌いになる人が多いことも納得の一言です。

 

トラウマを抱えている

カラオケ嫌いな人はトラウマを持っていることが最大の特徴であり、カラオケハラスメントを経験した人や周りにバカにされたなど、トラウマを持っている人は過去の嫌な記憶が蘇ります。

蘇ることが少ない人であってもカラオケという言葉を聞くだけで、不安や恐怖心で心がいっぱいになるために楽しむことに集中できず、常に帰りたいなどの負の感情を抱えてしまうのです。

もしもあなたが「カラオケに罪はないけれど、どうしても好きになれない」という気持ちを理解できるのであれば、あなたはカラオケハラスメントによってトラウマを抱え、好きになれない人物である可能性が高まります。

カラオケ好きな人というのは気を使ってか、「歌わないの?」などと気遣いしてくれる人もいますが、中には高圧的に「お前も歌えよ」と強要してくる人もいるため、こうした人とカラオケに行くことで被害者が増えることは間違いありません。

相手にとっては軽い気持ちで要求してきているのでしょうが、こちらからすればその要求は「最悪の言葉」であり、カラオケの良い部分が見えなくなる瞬間でもあるのです。

 

歌わないから暇な人

歌うことに興味がなかったり歌うことが苦手な人は、ただひたすらモニターを見ているか携帯を見ているか、またはタンバリン等で盛り上げ役をするかの3つの選択肢に絞られます。

携帯を見るに関しては、わざわざ料金を払ってまで見たいものでもありませんし、モニターを見ているだけでは非常につまらないです。さらにタンバリンで応援役を買って出ても、疲れてしまうのは結局カラオケ嫌いな人なのです。

歌う人にとっては順番が回ってくるまでの楽しみがある一方で、歌わない人にとっては「何を楽しみに時間を潰せばいいのか?」と疑問に思い、ひたすら時間が経つのを待つだけなので、時間の無駄となります。

ましてや自己中心的な友達とカラオケに行くともなれば、歌わない側の気持ちを察することなく自分たちが楽しんでいるだけであるため、無駄な休日を過ごすことにもなりかねません。

相手に気を使って短時間で終わらせてくれる人ならまだしも、大勢で行く時や自己中心的な友人とカラオケに行く際には、歌わない人は長時間の暇な時間を過ごす選択しか残されていません。

 

下手で周りに気を使ってしまう

周りが気を使って歌おうよと誘ってくれたとしても、歌唱力がない人やあまりにも下手すぎる人は周りに気を使うだけであり、「自分が歌うことで空気がぶち壊れる…」と不安な気持ちを抱くだけです。

恋愛でも自分に自信がない人はデートに誘われたとしても、「自分なんかとデートしても…」とネガティブ思考になる特徴が見られますが、これと全く同じの心理現象が働いています。

実際に下手すぎる人が歌うことで周りが苦笑いしたり、無神経な人であれば必要以上にいじってくることもあるため、こうした経験をする人は後にトラウマを抱えてしまうことでしょう。

カラオケ嫌いな人からすれば、気を使われすぎることに対しても気疲れしてしまいますし、歌って周りの空気を壊すかもしれないという気を使うことも、気疲れしてしまう原因なのです。

だからこそこうした人にとっては、カラオケに行かないことが一番自分にとっても周りにとってもベストな選択となるのですが、断ると「付き合いが悪い奴だと思われるかも…」などの、また違った負の感情が生まれてしまうことは、下手で歌わない人あるあると言えるでしょう。

 

そもそも歌に興味がない

そもそも歌に興味がない人は歌えるレパートリーが少ないですし、「サビくらいしかわからない…」といった、どうしようもない悩みを抱えがちです。

歌に興味がない人が抱える悩みは選曲のレパートリーだけにあらず、歌っている人の曲に合わせて楽しいフリをすることや、サビを一緒に歌うことさえもできないわけですから、本当にやれることが少ないです。

歌うことが苦手でマイクに向かって歌う勇気がない人は、他人が歌っている時に合わせて歌うことができますが、そうしたこともできない歌に無頓着な人は、本当にすることがありません。

後もう1つ、歌に興味がない人は歌うことや聴くことすら興味がないわけですから、他人が歌っている場にい続けたことで「面白い」とか「楽しい」と思えるわけがないのです。

興味がない話を永遠と続けられてもつまらないと感じてしまうように、歌に興味がない人はどんな名曲を歌っても「どうでもいい」わけですから、まずは興味を持ってもらう必要があると言えます。

 

好きなジャンルが周りと合わない

自分が好きなジャンルがアニメ系の歌ばかりである人に対して、周りは真逆の恋愛ソングばかりを好む環境である場合、自分に順番が回ってきても気を使うだけですし、周りの反応は明らかに違ってきます。

このタイプの悩みを持つ人の典型的な特徴は、「誰もが知っているような曲を知らない」のか「そうした歌わない」ことです。だからこそ、周りが知らないような曲を歌うことで、白けせてしまうわけなんですね。

もちろんこれは楽しいフリをしてくれない周りにも原因がありますし、知らないジャンルを歌ってはいけないよう雰囲気を出す、周りにも原因があることは間違いありません。

あまりにも露骨に顔に出すタイプの人がいたとすれば、自分の好きなことを全否定されたような気持ちになる人間は、カラオケという存在自体を嫌いになってしまうことがあるのです。

固定ページ:
1

2

3 4 5 6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP