カラオケ嫌いな人の特徴とは?心理と性格傾向|原因や割合の20項目

周りと好きなジャンルが合わないとの悩みを持つ人は、同じ趣味を持った人とカラオケに行くべきであって、それ以外の人とカラオケに行ったところで嫌な思いをするだけであることを覚えておきましょう。

 

テンションについていけない

カラオケが苦手な人の中には、「馬鹿騒ぎすることが苦手な人」や「楽しむことができない人」も含まれており、いつも冷静で周りと同じように楽しむことができない人は、周りからノリが悪いなどと思われやすいです。

これはどこに行っても何をしても楽しめない自分に原因があり、カラオケだからこそ嫌いというよりかは、多くの人のテンションが上がる環境が苦手なだけです。

また馬鹿騒ぎすることが嫌いな人にとっても、カラオケで大声を上げるなどのテンションについていくことは難しく、そうした人に対して「馬鹿げている」などの本音を持ちがちです。

テンションが高い人の中にテンションが低い人が入ると、それはそれは窮屈で仕方がない環境となってしまいますが、こうした人はそもそもカラオケに向いていない性格であるとも言えます。

もしもテンションについていけないことが原因で嫌いになったあなたは、一度一人カラオケにチャレンジしてみることで、本当にカラオケ自体が嫌いなのか?その時の環境が苦手だったのか?の答えを見つけることができます。

 

コミュ障である人

コミュ障な人は人間不信であったり話しかけることが苦手なので、そもそもカラオケに誘われることも少ない特徴が見られますが、このタイプがカラオケに行くとそれはもう大変です。

周りが盛り上がっていても一人孤独に浮く存在となりますし、勇気を出して歌ってみても空回りすることで微妙な空気になるなど、本人にとっても周りにとっても良くない空気を作ってしまいます。

さらにコミュ障な人は普段から会話が苦手であるため、普段から話しかけられないようにずっとスマホを見つめていることが多く、その癖でスマホに集中した結果、周りから注意されてしまうことも。

元々恥をかきたくない気持ちが強いコミュ障だけに、注意されたり微妙な空気にすることは耐えることができず、自分のプライドが許せないこともしばし見られます。

結果的にコミュ障な人ほどカラオケを嫌いになりやすく、一人カラオケであればストレスを解消できる傾向も強いことが特徴的です。

 

大きな音が苦手な人

大きな音が苦手な人は警報音や非常ベルが嫌いなのは当然のこと、カラオケのような大音量で流れる場所も落ち着くことができずに、心臓がばくばくすることがあります。

この気持ちが理解できない人は、「急に大きな音が出るわけじゃないだろ?」と問題を単純に考えがちですが、本人にとっては事前に大きな音が来ると準備をしていても、やはりびっくりしてしまうものです。

さらにこのタイプは大きな音が鳴ることで落ち着きがなくなり、あたふたと動作が激しくなったりするものですが、落ち着きがない自分を想像して恥ずかしくなってしまうことも、カラオケを好きになれない原因です。

大きな音が苦手な人の中でも、カラオケの音量が苦手な人は珍しく稀ではありますが、こうした人は幼少期になんらかのトラウマを抱えていて、それが大人になっても症状として出ているのであると考えられます。

故に大きな音が苦手な人にとって、カラオケは居心地が悪く気持ち悪くなってしまうような、地獄の場所となってしまうことは言うまでもありません。

 

料金も高く飯もまずく感じる

カラオケ自体それほど楽しく感じないことに加えて、料金設定や料理の値段などにも不満を持っている人は、カラオケ屋に対しての嫌悪感が強くなっていくことになります。

こうなってしまえばカラオケ=つまらないとの感情に結びつきやすく、カラオケに行ったところで自分が得すること何もないと、物事を極端すぎるように捉えてしまいます。

簡単に言えば、カラオケに行く=絶対に不満に思うのか絶対に幸せに思うのかの二択であるかのように、100か0で物事を捉えてしまうのです。

また、このタイプは過去のネガティブな感情とカラオケを結びつけていることも多く、例えば嫌いな友達とカラオケに行ったがつまらなかった感情に対して、カラオケがつまらないとの認識をしています。

故に、こうした理由でカラオケが嫌いな人は好意的な人と行くことによって、カラオケは楽しい場所だとイメージを大きく変えることができ、カラオケ嫌いを克服できるかもしれません。

 

注目されることが恥ずかしい

カラオケで歌う人は必ず注目の的となるので、視線が集まることや注目されることを苦手とする人は、どうしても歌うことに対してポジティブな感情を抱きにくく、恥ずかしいと思ってしまいます。

恥ずかしがり屋な人は「うまく歌えるかな…」とか「失敗すると嫌われる…」などの、ネガティブな感情を常に心の中に抱いているので、目立つことは自分の醜態を晒す瞬間と受け取ります。

すると歌うことに強いプレッシャーを感じ、自分がイメージするような完璧に歌い上げることができなかった場合には、自分の中で「ダメだった…」と落ち込んでしまうのです。

だからこそ恥ずかしがり屋はカラオケに対して苦手意識を抱きやすく、特にその場に上手い人が一人でもいた場合は、その人と比べてしまうことで恥を感じてしまいます。

固定ページ:
1 2

3

4 5 6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP