カラオケ嫌いな人の特徴とは?心理と性格傾向|原因や割合の20項目

カラオケのような場所では目立ってなんぼの世界であるはずが、目立つことが苦手な人は普段から多くの視線を集めることに慣れていないので、どうしても歌うことを避けてしまうのです。

このタイプは自分の殻に閉じこもってしまうことも多く、不安や不満を他人に告げることなく自身の力で解決しようとすることから、何かと勘違いや避けられる原因ともなりがちです。

マイペースでものぐさな性格なども特徴的であるため、自分世界に閉じこもれる一人カラオケが向く性格であることは間違いありません。

 

楽しむ場所で楽しめない

楽しむ場所で楽しめない人は人生を楽しめない人でもあり、多くの人が笑顔で幸せそうな雰囲気に囲まれてる中、自分一人だけが違う世界に置いていかれることで、疎外感を感じてしまうのです。

このタイプは何事も深く考えたり物事を原点式で捉えるので、何も考えず周りに合わせて心から楽しむべきカラオケであっても、加点していくことでつまらない瞬間を作ってしまいます。

また、やりたくないことばかりをやらされている人にもこの傾向が見られ、毎日がやりたくないことばかりの日々を送ってしまうと、どうしても人はネガティブな感情が強くなります。

こうした人は、世間の価値観よりもあなたの価値観を優先することが大事であり、下手な人が歌うときっと周りが凍りつくのだろうと決めつけるのではなくて、自分がどうしたいのか?を優先してください。

あなたが歌いたいのであればそれは歌うべきですし、カラオケに行きたくないのであればそもそもカラオケを事前に断るべきなのです。

 

自分に自信がない

自分に自信がない人は他人と比較ばかりすることに加えて、常に完璧ばかりを追い求めています。だからこそ完璧に歌いこなせない自分を嫌いになり、カラオケも嫌いになってしまうのです。

そうではなくて、カラオケはありのままの自分を表現するにはうってつけの場所であるため、普段見せている自分とは違う本当の自分をさらけ出し、その場を楽しむべきです。

そのためにも目の前のことに一生懸命になることが非常に重要で、仕事であればそれを一生懸命に終わらせたり、家事であってもそれを一生懸命に終わらせることができれば、やがて自分を褒めれるようになっていきます。

後は小さな欠点でいいので少しずつ克服していくことも大切ですから、歌うことが苦手であったり目立つことが苦手なことも、少しずつでいいので克服していくことが、自信を取り戻せる一番の近道です。

自分に自信がない人はカラオケだけに限らず、たくさんの苦手なものや嫌いなものができていく性格ですから、どうか心の負担を減らすためにも自信を取り戻す習慣をつけてください。

 

6.誰でもできる克服方法

ありのままの自分を出す

ありのままの自分を出すと言っても行動に移すことは難しく、ありのままの自分を出せないからこそカラオケに対して恐怖心を持ち、歌うことやその場を楽しむことに対して不安な気持ちを抱きます。

そのためにも、「過去の自分と現在の自分を切り離す」ことが必要であり、過去の歌うことが嫌いとか苦手であるといった自分を切り捨てることができれば、新たな自分をさらけ出すことができます。

昔の自分を捨てるということは、嫌われたり目立つことが苦手な恐怖心を切り捨てるということですから、これはあなたの人生においてポジティブの連鎖を引き起こし、人生をより楽しい方向に導いてくれます。

その「過去の自分と現在の自分を切り離す」ためにはどうすればいいのでしょうか?それは「ありのままの自分を受け入れる」と宣言し、言葉に出して自分に言い聞かすことが必要です。

小さなことでもいいので自分を褒めてやり、自分を愛するができれば少しずつ自信を取り戻すことに繋がり、最終的にはありのままの自分を出すことができます。

焦らず少しずつでいいので、毎日自分が行なった良いことを思い浮かべ、今日も頑張ったと褒めてやることが結局のところ、カラオケ嫌いを克服し人生を楽しめるコツとなります。

 

7.「まとめ」自分が悪いと責めないこと


カラオケ嫌いな人の様々な情報をお届けしてきましたが、カラオケがつまらないと感じたりどうしても好きになれないことは、あなたが全て悪い訳ではありません。

人にはどうしても得意不得意がありますし、心の底から楽しめないことも多々経験します。だからこそカラオケが嫌いなあなたは、中途半端に参加することをやめなければいけません。

断ることができずに中途半端に参加したところで、周りに気を使わせてしまうことにもなりかねませんし、何よりあなたの貴重な時間がつまらないことで潰されてしまうのです。

会社の付き合いであれば多少の我慢も必要かと思いますが、断れるのであればしっかりと断り、その代わりの代替え案を出すことでその場を乗り切ることもできます。

今の世の中は飲み会や二次会を断りやすい風潮ができてきましたから、そこは勇気を持って嫌なことは嫌だとしっかりと伝えておけば、今後の付き合いもグッと楽になり、長い目で見えるとあなた自身を助ける言葉ともなるのです。

【カラオケ嫌いで検索した人はこんな記事も読んでいます】

固定ページ:
1 2 3 4

5

6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP