地味な人の特徴14選!性格傾向や考え方|天職と相性の良い相手

  • 地味なことって悪い意味?
  • 地味である人の魅力が知りたい!
  • 派手になるべきだろうか?
  • どんな性格傾向が見られるの?

「あなた地味な人だね」なんて言われると、多くの人は「それどういう意味?」と疑問に思い、人によっては悪い意味で捉えてしまうこともあるはずです。

ここでは地味な人と言われる理由や、地味であることが決して悪い意味ではないことを証明するためにも、地味な人に絶対見られる魅力的な特徴について触れていくことにします。

もちろん悪い部分にも触れていきますが、性格傾向や相性の良い相手などの細かな情報を知れることは、自分という人間を知ることに繋がるわけですから、この記事を読むことで自分に自信が持てる人も出てくるはずです。

地味な人って悪い意味?


地味の意味とは「はなやかでなく控え目なこと」であるため、地味な人と言われることは「目立たない存在である」との解釈ができます。重要なのは、相手がどういう意図を持ってあなたに伝えたのか?の部分です。

例えば遠回しに嫌味を言うような人は、「あんたって地味だね」と伝えることで、「陰キャラである」とか「存在価値が薄い」などの意味に変わることがあります。

逆にあなたのことを好意的に思っている場合は、「あんたって地味ね」と同じように伝えたとしても、「飾りっ気がなく素敵である」とか「それが個性である」との捉え方もできるので、結局のところ相手によって意味は大きく変わります

あなたに敵対心を抱いたり嫌悪感を持っている人の場合は、ネガティブな意味で捉えることが正解で、あなたが嫌いな人は相手も嫌っている可能性が高いので、そうした人に言われた場合は悪い意味かもしれません。

逆に仲良しの友人や尊敬する先輩に言われた場合は、ポジティブな意味として捉えておけばよく、相手があなたのことを嫌いである場合は、距離感を取るなどの嫌いなサインがどんどんと出てくるので、そうした部分で見極めればいいのです。

 

地味な人の特徴

目立つことが苦手

地味な人は目立つことが苦手であり、目立ってしまうことに対して「恥ずかしい」との本音を持っています。だからこそ、地味になることで周りと馴染もうとすることで、安心感を得ようとしています。

特に日本では目立ってしまうと他人から批判されたり、陰口の対象となることが多いため、日本人は目立つことが苦手だと言われがちです。つまり日本人自体、地味な人が多いと世界からは思われているかもしれません。

逆に目立ちたがりほど派手なファッションを好んであり、声を大きくするなどの行動をとるわけですが、地味な人はこうした人の周りにいることによって、自分の存在感を薄くしようと思うことも。

地味であることは周りと同じでい続けることができるので、トラブルに巻き込まれるリスクを回避することにも繋がります。

 

警戒心が強い

目立つことが苦手なことは警戒心が強い証拠でもあり、地味な人ほど周りから叩かれたくないとか、自分を守りたいとの気持ちが強いです。先ほども言いましたが、日本では出る杭は打たれてしまうために、目立つことはリスクが大きくなります。

もちろんデメリットも存在するわけですが、「他人を寄せ付けないオーラを持つ」「ぶっきらぼうになりがち」「チャレンジを恐れる」などは、全て警戒心が強いことの欠点となり、他人に誤解されてしまうことになりがちです。

地味な人の場合、仲良しの友人に対しては心を開き笑顔を見せることができますが、初対面の人に対してはの警戒心は非常に強く、自分のテリトリーに入られることを恐れます。

地味で警戒心が強いからこそ、より目立たない人になってしまうとも言えそうです。

 

基本的に真面目

地味な人は基本的に真面目で、どんなことにも真剣に取り組むことができたり、約束をきっちりと守ることを徹底します。事前に計画を立てて行動に移すので、失敗が少なかったりすることも魅力です。

他にも道徳的であるので、嘘や誤魔化すことが嫌いで自分に正直な一面があり、仕事においても全力で手を抜くことを嫌います。仕事にも真面目人間ということですね。

一方で、正義感が強すぎることから損する側に回ってしまう、考えすぎることで自分自身を苦しめてしまうなど、ネガティブの負の連鎖にも陥りやすい地味な人は、常にポジティブ思考で考える癖を身につけるべきです。

時間をしっかりと守ったり、与えられた仕事をきちんと終わらせることができるスキルは、真面目であるがゆえの長所となります。

 

冷静沈着

地味な人は常に冷静沈着を心がけていて、大きな声を出したり周りに迷惑をかける行為は、結果的に目立つことに繋がってしまいます。そうならないためにも、地味な人は冷静である特徴が見られます。

冷静沈着であることは、物事を的確に捉えることができたり分析することを可能とし、その時の感情に流されない強さを生み出します。そして客観的に捉えることも可能とするので、的確な答えを出すことが得意です。

地味な人は仕事においても影で活躍することが多く、ストイックで自分をコントロールすることができるこのタイプは、小さなことからコツコツと問題を解決していきます。

仕事においても派手さはないものの、堅実にこなしていけることが魅力と言えるでしょう。

 

洞察力に優れている

地味な人ほど優しいイメージを持つ人も多いですが、これは事実です。なぜなら地味な人は警戒心が強く恥ずかしがり屋なので、常に相手をじっくりと観察することで、小さな変化に気づくことができるからです。

小さな変化に気づくということは、いつもと違う仕草を見せたり元気がないなど、細かな変化に気づいてあげることができるので、相手の立場となって物事を考えることに繋がります。

他にも、空気を読むことが得意であったり、何事も根本を考える地味な人は、行動を共にしても決して自分の敵となる存在にはならない、無難な人物であるとも思われやすいです。

故に、自分が一番目立つようなグループを結成したいとの思いが強い人には、好かれる傾向が見られるはずです。

 

気配り上手

洞察力が優れている人は気配り上手でもあり、先ほども紹介したように相手に変化に敏感な一面を持ちます。相手が求めていることをいち早く察知し、行動に移すことができる地味な人は、これが理由で心地よい人だと思われることも。

世の中には気配りをしているつもりでも、下手であると思われる人がいますが、地味で気配り上手な人との決定的違いは、相手の感情を先読みしているかどうかです。

相手を疲れさせてしまう人というのは、後で気を使うことで結果的に相手を疲れさせてしまうために、地味な人でも自分に自信がない人ほど、こうした失敗を経験することが多くなります。

洞察力が優れている長所を最大限に発揮するためには、後追いするのでなく先読みする形で、相手のために行動することが重要です。

 

口数は少ない方である

口数は少なく無口であると思われやすい地味な人は、そもそも人前にたち目立つことが苦手で、大勢に注目されることで緊張してしまいます。その結果、どうしても口数が少なくなってしまうのです。

固定ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP