SNS依存の8つの特徴と10の対策

そうして周りと合わせていくことで、自分は仲間だという意識が芽生えていくのです。

SNS依存の10の対策

SNS依存対策にはいろいろな方法が存在し、よく言われる治し方は、以下の10個です。

  1. ネットから離れてみる
  2. 趣味を増やす
  3. 寝る1時間前にネット使用しない
  4. 他人との時間共用を増やす
  5. 失った時間を考えてみる
  6. 家にいる時間を短くする
  7. 自己顕示欲を満たす
  8. 他人と比べない
  9. 強制オフのアプリなどの使用
  10. カウンセリングを行う

上記の10の項目は、SNS依存症を治す為に必要な行動であり、全てを実行できるような人がいるとすれば、その人は次第に症状が薄れていくでしょう。

もちろん、全ての項目を完璧にやりこなせる人などそうそういませんので、もしも本気で治したいと思うのであれば、まずは1つの項目を一週間続けてみるということを目標に掲げてください。

そしてそれができれば次は3つ、次は5つと項目を増やしていい、習慣化させていきましょう。

このように焦らずにじっくりと時間をかけて、SNSから離れていくことで、脱依存というゴールにたどり着けるようになるはずです。

また、「リア充アピールする人の心理的特徴10選」もセットで読んでみましょう。

SNSでは過剰にリア充アピールをする人がいますが、そういった人の心理状況を紹介しています。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP