適応障害の特徴と向いている仕事

そのため、入社後に研修があるなど、会社になれるための期間が設けられている企業を選ぶのがおすすめです。

研修があれば業務のイメージや社内文化について学ぶこともできるでしょう。

また、本格的な業務がはじまるまでに、環境の変化になじめる可能性も高まります。

今までの経験や持っているスキルが生かせる業界・職種

転職を希望している場合には、今までの経験などが生かせる職種や業界を選ぶのがおすすめ。

会社が変わる場合には、それだけで環境の変化が大きいもの。

そこで新しい業務内容やスキルを身につけていくのは、ストレスになる場合が多いです。

そのため、今まで経験などが生かせる場所に転職することで、環境変化の負担を少なくできる可能性があります。

まとめ

今回は、適応障害について紹介してきました。

適応障害は、うつ病の一歩手前と冒頭で説明しました。そのため、適切な治療を行うことでうつ病になることを防げる可能性もあります。

また、半年以内に症状が改善することが適応障害の診断基準でもあるので、短期間での治療となります。

少しでも「耐えられない」と感じたら、精神科や心療内科で相談することをおすすめします。

症状が軽いうちに病院にかかるほうが治療も早く済む場合が多いようです。

【関連記事】大人ADHDの特徴と向いている仕事

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP