プラシーボ効果による思い込みは強力!例を参考に解説します

プラシーボ効果やノーシーボ効果というのは、気持ちが変化するだけでなく、実際に人の体に何らかの変化を起こすということが分かったかと思います。

薬が嫌いだとか、薬にあまり頼りたくないという人にとっては、プラシーボ効果で得ることができる効果を、一度期待してみてはいかがでしょうか。

当然効果が表れる保証はありませんが、思い込みによって悪い状態になってしまう、ノーシーボ効果が見られるよりは、よっぽど安全でいいですよね。

友達などに遊び半分で試してみる時は、ノンアルコールビールをウォッカなどと適当に説明して飲ませ、相手の体の変化を試してみると、面白い結果が得られるかもしれませんが、悪ふざけで別の効果がある薬を進めることなどは、何があるか分からないので止めておきましょう。

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP