争い事が嫌いな人の心理や行動パターン7選

④忠誠行動

こちらは争い事が嫌いな人の中でも、消極的な人に見られる傾向にあり、とにかく相手の怒りが鎮まるのを待ち続ける、問題が終わるのを待ち続けるなどが当てはまります。

争い事が嫌いだからこそ、一時的に忠誠的にとなって、より平和に解決しようとする行動パターンが特徴的です。

 

性格面での特徴

正義感が強い

争い事が嫌い=平和主義者であるという考え方ができ、平和主義者である人は正義感が強く、自分の正義に対して強い信念を持っていたりもします。

このタイプはヒーロー的存在となることができ、いじめや不公平な出来事に対して積極的に意見を言えたり、信頼関係を裏切るようなことを嫌う、情に厚い一面が見られます。

特に嘘をつかれることが大っ嫌いであったり、常識外れな行動を取られることにイラっとしてしまい、大きなストレスを溜めてしまうことも珍しくありません。

また、消極的な平和主義者であった場合、自分の本音を口にすることができずに、信念に反することに対して心の声を届けることが苦手です。

心の声を伝えることができない悔しさを噛みしめるのは、消極的なタイプに多いと言えるでしょう。

 

建設的

建設的とは、「現状をよくするために、積極的に行動を起こすこと」であります。

争い事が嫌いな人の中でも、話し合いで解決しようとすることや、忠誠行動によって解決しようとする人というのは、実は建設的であるため、将来的な関係などを見据えた行動をすることが得意でもあります。

このタイプは悪い空気を変えるのが得意であったり、相手に悪いイメージを与えにくいタイプであるので、相手の一方的な意見に対して、耳を傾けることができたり、我慢強く怒りが収まるまで話を聞き続けることができるのも、このタイプには多いです。

まさに争い事が嫌いであり、平和主義者ほど当てはまる特徴ですね。

 

事なかれ主義

事なかれ主義とは、「本来解決すべき問題を、見て見ぬふりをして避けたり、その問題を放置する」ことであります。

争い事が嫌いな人の行動パターンの中でも、忠誠行動に当てはまる人のことであり、争い事を避けようとする気持ちが強すぎるが故に、本来は話し合いなどで解決すべき問題を、見て見ぬ振りをしてしまうことが多くなります。

こういった問題は、カップルなどが別れる原因となることも珍しいことではなく、問題を解決しないことによって、お互いに大きなストレスとなってしまうことや、気持ちのすれ違いが起こってしまうため、あまりにも消極的な行動は、逆効果となることもあります。

これは必ず解決しないと、お互いのためにならないと思う問題に対しては、話し合いで解決することが重要となりますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

穏やか

穏やかに話し合えるからこそ、平和主義者であると思われることも多くなるわけですが、穏やかな性格な人というのは、声を荒げるようなことをしないといった特徴も見られますので、基本的には争い事になりにくいとも言えます。

穏やかな性格になるためには、生活に充実することや、礼儀正しさ、話し方など、様々な習慣が大事となってきますが、穏やかな人ほど争い事が嫌いであり、ここでは争うことに意味がないということを知っていたりもするのです。

 

攻撃的は男性に多い

男性ホルモンの関係

争い事が嫌いな男性も当然いますが、実は男性に多い性格傾向としては、攻撃的であるという特徴が見らえ、これはアンドロゲンという男性ホルモンが関係しています。

この男性ホルモンによって、男性は本能的に攻撃性が強く、さらに競争心が強いがために、基本的に男性は争い事が好きな性格であるのです。

これはゲームなどを例に挙げると分かりやすく、ゲームで課金をしてまでも強さを求めるのは、男性ばかりであり、お金をかけてまでも周りよりも強い武器やレアなアイテムを男性は欲します。

女性がよく、男性のゲームする姿に驚いてしまうのも、男性ホルモンによる影響が大きいんですね。

一方で女性は、協調性や協調的な傾向があるために、平和的を好む人が多いということが分かっています。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP