負け惜しみを言う人の心理が笑える2つの理由

このタイプは、責任が他人にあると主張したり、その時の環境や状況のせいにしてしまうことが多いですが、自分が負けたことを環境のせいにしたり、他人のせいにすることは、負け惜しみであると思われてしまっても仕方ありません。

言い換えると、言い訳の言葉選びを間違えてしまうと、負け惜しみとなってしまう可能性があるということです。

 

あなたも気をつけるべし

いかがだったでしょうか。

負け惜しみを言ってしまったところで、相手にそれがバレてしまえば、見下された結果、相手が優越感に浸ってしまう可能性も十分に考えられます。

負けることは恥ずかしいことではないのですから、負けたとしっかりと認め、そして負けた原因を解明改善することができれば、自分にとってもメリットとなる部分は大きいはずです。

自分はそんなみっともない姿は見せないよ…なんて思っている人もいるでしょうが、素直になってみるということは、案外難しいことなんです。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP