細かい女の特徴19選〜嫌われるポイントはこれ!

細かい女はプライドが高いため、一度発言したことに対していつまでも見栄を張ってしまう悪い一面があるものの、自分が言い出したことに対してきちんと責任を果たす良い面があります。

自分が周りよりも優れていることをアピールするためには、一度自分が発言したことは成し遂げる必要があるのです。

 

自分流のルールが絶対である

細かい女は自分流のルールが絶対であり、このルールが絶対であると思い込んでいることで、他人のルールとの違いが生じると、それを理解しようとするまでもなく、すぐに批判してしまうこともしばしば。

こうした他人が嫌がる癖がついてしまっている人は、改善を他人に求めるばかりではなく、黙って自ら気になる部分を直したり、自分流のルールが必ずしも正しいわけではないという可能性を考えてみましょう。

 

細かすぎてケチと思われやすい

一円単位まできちんと割り勘をしたり、自分は食べた量が少ないのに均等に同じ値段なのか…などを気にすることは、ケチであると思われる原因を作ってしまいます。

損得勘定が働いてのケチと評価されることはまだしも、細かすぎて一円単位まできちんと割り勘してしまう性格は、どうにかするべきだとここで警告しておきます。

なぜなら、ケチと思われることはあなたの評価を大きく落としかねず、孤独を招く結果に繋がりやすいからです。

 

繊細すぎて傷つくことが多い

細かな女は繊細であるため、空気を読みすぎて疲れてしまう、人の感情に敏感になりすぎる、言いたいことを我慢してしまうなどの特徴が見られます。

こうした特徴は、自分が嫌われたり傷つくことを回避するが故の行動であるのに対し、結局のところそれが自分自身を苦しめてしまう原因となってしまいがちです。

多少鈍感になれることができれば、生きづらいと感じる現状が変わってくるはずです。

 

常識にこだわりすぎる

細かいと評価されることは、常識にこだわりすぎたり、真面目すぎる性格が原因であるかもしれません。

例えば、3分でも遅れそうであれば連絡が欲しい、現地に5分前集合は当たり前だ、家に出る前に連絡を入れるのは当たり前だという考えは、初対面の人やビジネスの場では間違いなく必要となるでしょう。

しかし、すでに信頼関係がある仲良しの友達に対しても常識にこだわりすぎることは、時として面倒な人であるとの評価に繋がりかねません。

「そういう人間である」という認知を加える必要があるでしょう。

 

ストレスが溜まりやすい

繊細すぎたり深読みしすぎることは、不満不安を抱く原因であります。

他人の気持ちに敏感になりすぎたり、顔色を伺ってばかりであることは、ストレスをたくさん溜めてしまう他、プラス思考で物事を考えることを難しくさせます。

自分でストレスを作ってしまいやすい人ほど、うつになりやすい傾向があるため、こちらに当てはまる人は精神的ストレスを溜めない工夫が必要となります。

 

どうでも良いことが気になる

例えばシールが少し剥がれている、誤字脱字が気になるなど、どうでも良いことが気になって仕方ないのは、まさに細かな女である証拠と言えるでしょう。

一度気になるとそれが頭から離れない場合は、自ら行動を起こして直すことができれば、ストレスを最小に抑えることができます。

 

凝り性である

一度集中すれば、自分が納得いくまで物事を進めてしまうことは、忍耐力が必要である他、ミスを極力少なくできるメリットが見られます。

一方で、凝り性であることは、効率が悪くなってしまったり、広い視野が持てない、他人に同じレベルを要求してしまうことに繋がるため、仕事によってはデメリットとなることもしばしば。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP