モラハラ妻の特徴と対処法

または、喧嘩になるとなかなか許してくれない人は、モラハラ妻になりやすい性質と言われています。

特に舌打ちやため息をつかれることが多く、夫がどうしたらいいのかさえも分からなくなるような行動をおこしてしまいます。

最終形態は、夫が腹を立てて正論を言えば、あたかも分かったかのように「フッ」と失笑したように笑う態度をとったりもします。

これはエグいと思ったあなたも、男女関係なくモラハラになる可能性があるので、要注意したいものです。

 

相談は適当に受け流す

例えどんなに真剣に相談したとしても、真剣に聞いてくれない妻のことです。

また、相談したのはいいですが、それはあなたが悪いの一点張りで終わってしまうことも多い傾向にあります。

基本的にこれで拗ねてしまったとしても、モラハラ妻はさらに夫のコンプレックスを発言し、さらに心をえぐろうとしたりと、決して優しい態度は期待できません。

モラハラ妻を例えるならば、スパルタ教育の優しさが抜けてしまっているような感じ、と例えると分かりやすいでしょうか。

 

悲劇のヒロインを演じる

「なんであんたなんかと結婚しちゃったんだろう!もう間違えた!」などと、自分がいかにも被害者だということをモラハラ妻は言います。

自分勝手の自宅ルールを決めてしまい、それに従わない夫を叱責するという特徴も持っています。

1日数百円しか持たせてもらえないという夫もいれば、くさい、キモイなどと言われ続けている男性もいます。

 

なんでこんな妻と一緒にいるんだろう?

まず、あなたが考えなければならないことは、そうまでして何故この奥さんと一緒にいなければならないのでしょうか?ということです。

それだけされて、それ以上の魅力がありますか?

絶世の美女なら話は別ですが、そんな美女と結婚できる男性は本当に一握りです。

死ねば保険金が手に入ると言っている妻の横で安らかに眠れますか?

何故こんな妻と一緒にいるのか落ち着いて考えて、納得いかないようであれば、離婚も視野に入れて考えた対処法が良いでしょう。

対処法としては彼女が何か言う前に先にそれを片付けてしまう、などのやり方もありますが、これと言ってモラハラ妻の対処法はあまりないので、離婚をちらつかせて見ると良いでしょう。

案外、それで収まるケースも多いので驚きです。

また、「いじめられる人の特徴」もセットで読んでみましょう。

モラハラとは言葉のいじめとも言い換えることができますので、モラハラに合いやすい人はいじめられる人の特徴に多く当てはまる人なのかもしれません。

固定ページ:
1

2

コメント

    • ゆう
    • 2017年 6月 26日

    モラハラ妻によって兄が自殺しました。

      • ゆう
      • 2017年 6月 26日

      妻による過剰な発言、兄とお母さんだけに見せるヒステリックなイジメ。

      兄は耐えきれず自殺してしまいました、、。

      「教育がなってない。
      子供の面倒も見れんのか!
      今の仕事勤めとるから、結婚したんじゃ!
      仕事辞めるな!
      給料が少ない!
      家に兄弟を来させるな!

      などなど、
      お小遣いもなかり少なく、兄が無くなる10時間前に
      お母さんに¥1000ちょうだい、、、。
      と言ってきたそう。

      お掃除が終わった日、
      モラハラ妻は私達家族を怒りだしました。

      妻 私はこの家が嫌い!
      四十九日が終わったら関わりたくない!
      など、、

      唖然としました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP