アルハラの特徴9つ

もちろん部下も好きでやっている訳ではありませんし、嫌々しているのでストレスが溜まってしまいます。

このように、周りに迷惑をかけて身体的な被害を及ぼす行為は、アルハラだといえます。

もちろん程度にもよりますが、余りにも酷い場合や毎回毎回という場合は、間違いなくアルハラといえるでしょう。

 

未成年にお酒を進める

未成年で飲んではいけない立場であるにもかかわらず、お酒を進めることも特徴の1つです。

こちらは会社では滅多にありませんが、大学生や地元の先輩後輩関係の間でよく起こりやすいケースとなっております。

 

一気飲みを強調する

アルハラという言葉が有名になったきっかけでもあり、特徴としてはアルコールの一気飲みであり、他にも早飲み競争などもこれに当たります。

一気飲みは非常に危険で、一気飲みをして病院に搬送されるケースは珍しくありません。

また普段からお酒になれていない人は、一気飲みをすることによって意識が飛んでしまうこともしばしば。

こうなればアルハラだけでなく、第二の被害にあう可能性もグンと高まりますから、被害者からすればデメリットだらけといえるでしょう。

 

暴力やセクハラなど

お酒の勢いでセクハラをしてしまう男性は多く、実際に年間多くの被害届が出されています。

また暴力をふるう人もいて、これは地元の先輩後輩関係や、大学での先輩後輩関係で起こりやすくなっています。

このような場合は、まずはトイレなどに行って離れることです。

そして助けを呼び、適当な都合をつけて帰ってしまうのが一番です。

 

飲めない人に執拗に迫る

またお酒が苦手な人に執拗に飲むようにせまることもアルハラの特徴の1つです。

宴会にお酒以外のものを用意せず、飲めないことをからかったりして侮辱する行為もアルハラにあたります。

宴会などの席では、飲めないのでアルコール以外も頼めるように、幹事役の人にあらかじめお願いしておくことが必要となります。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP