魔女顔の特徴12選|芸能人を参考に各パーツを細かく分析

面長が相手に与えるイメージは、「キリッ」としたイメージであるため、ふんわりと見える卵型などの輪郭は、魔女顔にはふさわしくありません。

ちなみに、萌え系アニメなどで出てくる魔女の場合は、可愛さを売りにするため卵型の輪郭が多く、どこかキュートで憎めないイメージを作っています。

 

彫りが深い

魔女は一目見たときに、「インパクトがあり忘れられない顔」であるため、魔女顔と呼ばれる人は彫りが深い人であり、各パーツがはっきりしている人ほど魔女顔に近づきやすいです。

逆に平らな顔の人は、「何度会っても相手に覚えてもらえない」傾向が見られ、一度で覚えてもらうためにはインパクトが足りません。

魔女顔の芸能人でも紹介したように、加藤理沙さんは彫りの深さやそのために必要な鼻筋の高さは素晴らしいものがあり、将来的には魔女顔の代表格となることでしょう。

また、ヨーロッパ人に鷲鼻が多くて魔女顔が多いと言われる原因も、彫りが深い割合が高いことが理由です。

 

目力が強い

魔女が怖いイメージを持たれてしまうのは、目力が強いからこそであり、目力が強い芸能人はいつの時代も、強そうで頼りがいのあるイメージを持たれ続けています。

目力が強い人は、先ほど紹介したように「インパクトが強い」人であり、「印象に残る人」であるため、魔女顔の人ほどすぐに名前を覚えてもらったり、顔を覚えてもらえる確率も高いです。

もしも魔女なのに目力が弱いとすれば、その魔女は間違いなく雑魚キャラであると思ってしまいますし、そもそも魔法を使う魔女が目力が弱いようでは、インパクトに欠けますよね。

このように、魔女顔と呼ばれる人は目が魅力的である必要もあります。

 

細く上がり眉が似合う

目力をより強調するためにも、眉は細めで上がり眉で描かれることの多い魔女は、人間でも同じく上がり眉が似合う人ほど魔女顔になりやすく、鷲鼻+目力+上がり眉の3つの条件が整うだけでも、非常に個性的で魅力的な人に近づけます。

一方で、こうした3つの条件が整う人はヤンキー顔とも評価されますが、ヤンキー顔との大きな違いはやはり、「鼻の先端が下方向を向いているかどうか」であり、とんがりが鋭いほど、魔女顔に近づきやすいです。

また、「キリッとした顔の中に美しさがあるかどうか?」も、ヤンキー顔と魔女顔の大きな違いで、魔女顔と呼ばれる人は鋭さの中にも、美しい要素がたくさん見られます。

 

大人っぽい人

魔女顔な人は子供っぽい顔ではなく、むしろ大人っぽくて凛々しい顔立ちの人で、彫りが深くて各パーツがはっきりしている人ほど、基本的には大人っぽく見られやすいです。

故に魔女顔と言われる人は、若い頃から色物よりも落ち着いた服装が似合ったり、大人っぽく演じるためにもキャピキャピ感が見られないなど、見た目とキャラを確立させるために、大人っぽい性格を演じることが多いです。

こうした要素に加えて、どんなことにも動じない冷静沈着な一面が加われば、「あの人は強そうで魔女のようだ!」との評価を得ることで、より魔女っぽい人に近づくことができます。

 

可愛いではなく美人

魔女っぽいと言われる人は可愛いではなく美人系の人で、このタイプは媚びないことで同性から「かっこいい」と言われたり、「尊敬する」と高い評価を得やすい人です。

また、美人と呼ばれる人は男顔である人も特徴の1つですが、魔女顔の人はすっぴんでは男顔と評価されることからも、何かとイケてる人であるように同性からは見えます。

可愛い幼顔がアイドル向けだとすれば、美人な大人顔はモデルや女優向けであると言えるのです。

 

イメージ面での特徴


知的に見える

大人っぽくキリッとした顔の魔女顔は、子供の頃から何かと知的に見られることが多く、逆に間抜けであると思われることは滅多にありません。

知的な人の特徴として、「頭の回転が早そうである」「言葉遣いが丁寧である」「冷静沈着である」などが挙げられるため、こうした性格を持ち合わす魔女顔は、一見怖そうなイメージから、実は知的であるというギャップ効果を狙える人です。

固定ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP