言ってることとやってることが違う人に絶対見られる特徴10個|対処法も伝授!

「言ってることとやってることが違うじゃん…」と思うことは、相手に対して嫌悪感を抱く瞬間でもあって、多くの人が本性を知った時に嫌いになりがちです。

こうした人に限って、「口だけは達者」であったりもするわけですが、なぜ言ってることだけは一丁前の大人が後を絶たないのでしょうか。

まずはその心理に迫っていくことで、言ってることとやってることが違う人が心に抱く本音を丸裸にし、相手の狙いを探っていきます。

はっきり言いますが、こうした人は信頼できない人でもあるため、しっかりと頭に入れておくことで、利用されるなどのリスクを回避することにも繋がるはずです。

そもそもどういう心理状態なの?


言ってることとやってることが違う人の心理には、「常に自分を正当化している」心理が隠されています。

常に自分を正当化することは、その場ではカッコいい発言をすることで周りを納得させるものの、実際に行動に移す時には「まあ仕方ないよね」と正当化することで、自分自身を守っているのです。

人には誰しも防衛本能が見られますが、正当化することも防衛本能の一種であることから、言ってることとやってることが違う人は常に自分を守り続けることで、言い訳ばかりの人生を歩んできた人かもしれません。

周りから見れば、「この人は口だけ達者な人だ」との評価になってしまう一方で、自分にとっては納得できる理由を追加していくことで、このタイプはどこか信頼できない口だけ人間として扱われることも、決して珍しいことではありません。

どんな時でも自分を正当化する人は、自分に甘い人に見られる心理的特徴であることからも、このタイプの発言を全て鵜呑みにすることは危険であることを理解しておきたいものです。

 

言ってることとやってることが違う人の特徴


自己愛が強すぎる

自己愛が強い人は特別扱いされたい気持ちが強く、ナルシストであることは非常に有名な特徴でもありますが、常に自分を有能だと思い込みたい自己愛が強い人は、根拠のない大きな理想を口にすることで、周りから一目置かれる存在となります。

問題は口だけは達者であるのに対して、実力が全く共っていないことにあって、自分が有能であることを認めて欲しいが故に大きなことを口にし、その後は全く出世しなかったり、または社会で活躍できないことが、言ってることとやってることが違う人であると思われてしまうことです。

自己愛が強ければ強いほど、「自分は特別な人間である」との思い込みも強くなっていくことから、「周りができないようなでっかい夢を自分は叶えることができる」との思い込みが、やってることが違う原因となってしまうわけです。

また、自己愛が強い人は自分のミスを認めれないことも特徴的であるため、恥をかきたくないとの気持ちが強すぎることで、言ってることとやってることが違うとの指摘に対して、大きく傷ついてしまう性格の持ち主です。

 

三日坊主が普通である

目標は常に高く持っているけれども、いつも長続きしない三日坊主も言ってることとやってることが違う人であって、「今日からお菓子は食べない!」と強く心に決め込んだ次の日に、お菓子を食べてしまってることは多くの人が経験済みです。

こちらは他人に迷惑をかけるわけでもないですし、自分自身に全て返ってくる形なので恨まれることもありませんが、「ダイエットをする!」とか「筋トレをする!」との決心から、三日以上続けることは簡単そうに見えてとても難しいことです。

このタイプが抱える原因として、「細かな目標や目的が決まっていない」ことや、「日々のやることが理解できていない」などが主な原因となっているので、どんなことでも長続きしない性格の人は、自分の目標設定を事細かく見直す必要が出てきます。

ちなみに心理状態で言えば、「刺激に慣れてしまうことで、作業効率やモチベーションが落ちる」ことが主な原因なので、結果を出し続けることが一番の薬であって、言ってることとやってることが違う人を卒業できる、最も簡単な方法であることも覚えておきましょう。

 

否定的で何でも否定

なんでも否定から入ってしまう人や、相手の意見に対して否定的な発言が多く見られる人は、本来共感すべき言葉や尊敬すべき行動に対しても否定することで、自分の行動に制御がかかってしまいます。

例えば周りが「あの人カッコいい!」と共感したとしても、否定的な人は「自分は男興味ないから」との切り返しをすることで、周りの認知は「男に興味がない女性である」との認識となります。

しかしながら、こうした人にもやがて好きな人ができてしまったり、隠れて男の人とデートを繰り返すなどの行動が見られることで、周りは「言ってることとやってることが違う人だ」との思いを抱くのです。

また否定的な人は天邪鬼な人との共通点が多いので、揚げ足を取ったり自分の間違いを認めないなどの悪い一面が、より過去の発言を訂正しにくい環境へと変えてしまい、過去の発言と今の行動に違いが見られるようになります。

 

小心者で虚勢をはる

虚勢をはることは、発言と行動の違いの原因そのものですが、小心者は自分に自信を持つことができない割には、人の上に立って優越感に浸りたい気持ちが強い人なので、どうしても他人と違う意見を口にすることで、自分が有能であることを証明しようとします。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP