言ってることとやってることが違う人に絶対見られる特徴10個|対処法も伝授!

「言ってることとやってることが違うじゃん…」と思うことは、相手に対して嫌悪感を抱く瞬間でもあって、多くの人が本性を知った時に嫌いになりがちです。

こうした人に限って、「口だけは達者」であったりもするわけですが、なぜ言ってることだけは一丁前の大人が後を絶たないのでしょうか。

まずはその心理に迫っていくことで、言ってることとやってることが違う人が心に抱く本音を丸裸にし、相手の狙いを探っていきます。

はっきり言いますが、こうした人は信頼できない人でもあるため、しっかりと頭に入れておくことで、利用されるなどのリスクを回避することにも繋がるはずです。

そもそもどういう心理状態なの?


言ってることとやってることが違う人の心理には、「常に自分を正当化している」心理が隠されています。

常に自分を正当化することは、その場ではカッコいい発言をすることで周りを納得させるものの、実際に行動に移す時には「まあ仕方ないよね」と正当化することで、自分自身を守っているのです。

人には誰しも防衛本能が見られますが、正当化することも防衛本能の一種であることから、言ってることとやってることが違う人は常に自分を守り続けることで、言い訳ばかりの人生を歩んできた人かもしれません。

周りから見れば、「この人は口だけ達者な人だ」との評価になってしまう一方で、自分にとっては納得できる理由を追加していくことで、このタイプはどこか信頼できない口だけ人間として扱われることも、決して珍しいことではありません。

どんな時でも自分を正当化する人は、自分に甘い人に見られる心理的特徴であることからも、このタイプの発言を全て鵜呑みにすることは危険であることを理解しておきたいものです。

 

言ってることとやってることが違う人の特徴


自己愛が強すぎる

自己愛が強い人は特別扱いされたい気持ちが強く、ナルシストであることは非常に有名な特徴でもありますが、常に自分を有能だと思い込みたい自己愛が強い人は、根拠のない大きな理想を口にすることで、周りから一目置かれる存在となります。

問題は口だけは達者であるのに対して、実力が全く共っていないことにあって、自分が有能であることを認めて欲しいが故に大きなことを口にし、その後は全く出世しなかったり、または社会で活躍できないことが、言ってることとやってることが違う人であると思われてしまうことです。

自己愛が強ければ強いほど、「自分は特別な人間である」との思い込みも強くなっていくことから、「周りができないようなでっかい夢を自分は叶えることができる」との思い込みが、やってることが違う原因となってしまうわけです。

また、自己愛が強い人は自分のミスを認めれないことも特徴的であるため、恥をかきたくないとの気持ちが強すぎることで、言ってることとやってることが違うとの指摘に対して、大きく傷ついてしまう性格の持ち主です。

 

三日坊主が普通である

目標は常に高く持っているけれども、いつも長続きしない三日坊主も言ってることとやってることが違う人であって、「今日からお菓子は食べない!」と強く心に決め込んだ次の日に、お菓子を食べてしまってることは多くの人が経験済みです。

こちらは他人に迷惑をかけるわけでもないですし、自分自身に全て返ってくる形なので恨まれることもありませんが、「ダイエットをする!」とか「筋トレをする!」との決心から、三日以上続けることは簡単そうに見えてとても難しいことです。

このタイプが抱える原因として、「細かな目標や目的が決まっていない」ことや、「日々のやることが理解できていない」などが主な原因となっているので、どんなことでも長続きしない性格の人は、自分の目標設定を事細かく見直す必要が出てきます。

ちなみに心理状態で言えば、「刺激に慣れてしまうことで、作業効率やモチベーションが落ちる」ことが主な原因なので、結果を出し続けることが一番の薬であって、言ってることとやってることが違う人を卒業できる、最も簡単な方法であることも覚えておきましょう。

 

否定的で何でも否定

なんでも否定から入ってしまう人や、相手の意見に対して否定的な発言が多く見られる人は、本来共感すべき言葉や尊敬すべき行動に対しても否定することで、自分の行動に制御がかかってしまいます。

例えば周りが「あの人カッコいい!」と共感したとしても、否定的な人は「自分は男興味ないから」との切り返しをすることで、周りの認知は「男に興味がない女性である」との認識となります。

しかしながら、こうした人にもやがて好きな人ができてしまったり、隠れて男の人とデートを繰り返すなどの行動が見られることで、周りは「言ってることとやってることが違う人だ」との思いを抱くのです。

また否定的な人は天邪鬼な人との共通点が多いので、揚げ足を取ったり自分の間違いを認めないなどの悪い一面が、より過去の発言を訂正しにくい環境へと変えてしまい、過去の発言と今の行動に違いが見られるようになります。

 

小心者で虚勢をはる

虚勢をはることは、発言と行動の違いの原因そのものですが、小心者は自分に自信を持つことができない割には、人の上に立って優越感に浸りたい気持ちが強い人なので、どうしても他人と違う意見を口にすることで、自分が有能であることを証明しようとします。

自分が有能であることをアピールするためには、周りができないような大きなことを口にしたり、周りとは違う意見を口にする必要が出てくるため、言ってることとやってることに違いが見られるようになった結果、「この人は虚勢をはるだけの嘘つきだ」との酷評に繋がることも。

さらに小心者は、周りの視線をかなり気にする場面が多く見られる性格なので、「ここで発言を認めると自分は負けてしまう」との思い込みが、他人を批判することに繋がり、やってることが違うことにも繋がっていくのです。

難点としては、周りの評価に敏感で考えたり悩みが絶えない特徴を持つので、言ってることとやってることが違うとの評価にも敏感で、すぐに察してしまうことが、自分自身を苦しめてしまうことにもなりがちです。

 

その場の空気に流されやすい

その場の空気に流されてしまう人は、その場では周りに共感の意や自分の本心であるかのような発言をしますが、時間の経過と共に考えがすぐに変わってしまう人です。

周りに流される性格とも言えますが、自分に自信がなかったり自分の考えを持っていないこのタイプは、周りの意見に賛成することが正解であるかのような認識を示すことから、それが正しいと思い込んでしまいます。

一方で、違うグループの間ではそのグループの意見に流されてしまうことは、時として「あいつは裏切り者だ」と思われてしまう瞬間であったり、「言ってることとやってることが違う変な奴だ」と、仲間外れにされてしまうこともあります。

主体性がないので、周りに流されていれば考える必要も無くなるし、きっと良い方向に流れていくだろうとの適当な考えをすることは、意見がころころ変わってしまう挙句に、信頼関係が崩れてしまう要因ともなります。

 

虚言癖の持ち主である

嘘が得意というよりも、嘘をつくことが普通である虚言癖の持ち主は、とにかく言ってることとやってることが違うことが多く見られ、そもそも発言がころころと変わってしまうことで、どれが本当なのか、または全て嘘なのかの見分けすらつきません。

虚言癖が見られる人は、とにかく努力することが苦手であって、多くの人が自分の力で乗り越えてきたことでさえも、乗り越えようという思考には至りません。

むしろ努力が嫌いだからこそ、嘘をつくことでその場しのぎを試みるわけであって、嘘をつくことはプライドや虚栄心さえも満たしてしまうことから、どんどんと嘘をつくことで、手っ取り早く面倒を回避しようと心がけるのです。

言ってることとやってることも違うし、言ってることとやってること自体が本当の話かどうか?を疑うレベルの虚言癖は、やがて人が離れていくことで孤独を生み、嘘を重ねることで自分の魅力を偽る人生を送る人が多いです。

 

打算的で損得勘定に敏感

打算的とは計算高い人のことであって、損得勘定のみで動いてしまうことは相手を裏切り、利用するだけの形として関係が終わってしまうことは避けれません。

打算的な人は、自分に利益があると思った時には「あなたについていく」と信頼の意を述べますが、それ以上に自分の利益となりそうな人物が現れた際に、「やっぱりあなたにはついていけない」選択をすることが、言ってることとやってることの違いです。

打算的に生きることのメリットは、自分にとって常にベストな選択ができ、広い視野で物事を考えることができるため、効率的で尚且つ型破りな方法を生み出せることです。

逆にデメリットは、信頼を失うことや得することにとらわれてしまい、自分がピンチの時に助けてくれないことであるため、やってることが違うことによるデメリットは、非常に大きなものであるとの考えもできます。

 

他人に厳しく自分に甘い

他人に厳しく自分に甘い人の心理には、「行為者・観察者バイアス」というものが働いていて、他人が失敗すると「あいつはやっぱり能力が低い」と思い込むものの、自分が同じく失敗すると「最近運が悪いんだよな」と、自分にとっては非常に都合の良い解釈をしています。

故に、他人に厳しく自分に甘い人は、他人が失敗すると「俺ならすぐに謝るけどね」と周りにいいふらす一方で、自分が失敗すると「相方にもっといい奴を付けてくれれば…」と、過去の発言とは全く違った対応を見せることになります。

このタイプの怖い一面は、自分の失敗には都合が良すぎる解釈をするのに対して、他人の失敗にはかなり厳しく細かに追求する性格であるため、上司にすると非常に厄介者として部下を困らせてしまうことです。

また、自分の失敗に対しての指摘は聞いているふりをしてるだけなので、反省しようとする気持ちが見られないどころか、何度も同じ失敗を繰り返してしまう、最悪のケースが見られやすいのも欠点です。

 

忙しいが口癖である

いつもいつも忙しいと口にする人ほど、実は暇な時間が多くてSNSをたくさん更新する時間があったり、愚痴を周りに言いふらす時間がたっぷりあったりするものですが、この時点で言ってることとやってることに矛盾は生じています。

このタイプは自分に自信を持つことができずに、忙しいアピールすることで周りに有能であることを認めてもらおうとしていることから、「自分は仕事ができて頼られている」などと、ありもしない嘘をついてしまうことも比較的多いです。

嘘をついてしまうこと自体が、言ってることとやってることの違いをまた生んでしまい、負の悪循環となってしまう忙しいが口癖の人は、これから先も口だけ立派な人として、周りから噂の絶えない人物となることでしょう。

いつの時代でも、忙しいが口癖の人や過剰にアピールしてくる人には、「発言と行動が違う人だ」との警戒心を抱く必要があります。

 

冗談と無責任な発言が多い

言ってることとやってることが違うと言っても、相手にとっては悪気が一切なかったり、その場を盛り上げるための発言であることもしばし見られます。

例えば、その場を盛り上げるために「俺はお酒強いから!」と前フリをしておくことで、実は一杯でダウンしてしまうほどお酒が弱い人物であるなど、その場を盛り上げるための冗談としても、こうした違いは見られます。

もう1つ見分けがつきにくいのが、普段から冗談ばかり口にしている人は、相手にとってそれが本音であると受け止められることで、言ってることとやってることが違うと思われることであって、冗談が通じない人にはこうした捉え方をされてしまいます。

こちらの場合、大抵の人が面白い人だとの評価を下すことになりますが、性格によっては信じられない人だとの評価に繋がってしまう恐れもあります。

 

効果的な対処法を厳選紹介


自分と同じと思わない

相手が大人であったり同級生だからといって、必ずしもあなたと同じレベルの人間であるとは限りません。

そもそも人は、自分と同じレベルで物事を考えてしまうからこそ、イラっとしたりストレスを感じる原因となっていて、自分とレベルが同じであると考えることは、「私ならこうする」とか「これが常識だ」と考えてしまうことで、大きなストレスとなってしまうのです。

言ってることとやってることが違う人に対しては、「この人は精神年齢が低い人なんだ」と思い込み、「自分とは同じと限らない」との捉え方をするで、気持ちに余裕ができ、柔軟な対応にも繋がりますし、必要以上に相手を意識する必要も無くなります。

こうした考えを持ち続けることで、再びやってることが違う現場に遭遇したとしても、「あの人はまだ心が幼いんだろう」などと、自分を追い込む思考回路に繋がらないことが、この捉え方をする最大のメリットです。

 

アホは相手にしない

アホを相手にするだけエネルギーの無駄であって、自分にとってのメリットが少ないことは明確ですが、人はアホが目の前に現れると必死に抵抗することで、相手と同じ土俵に立ってしまいます。

そうではなくて、アホとは同じ土俵には立たないことを今ここで決心し、逆にアホを味方に引きつけてやるくらいの気持ちで、自分の感情をコントロールできれば、あなたは自分のことだけに集中でき、多くのパワーを私生活に発揮できることでしょう。

言ってることとやってることが違う人とあなたが、全く同じ土俵に立たされている事実があったとしても、その事実を跳ね返すほどの大きな目標を抱えることは、あなたにとってメリットが大きい選択肢となるはずです。

どれだけ頭にきてもアホを相手にしてはいけませんし、同じ土俵が嫌である気持ちを仕事や勉強へのパワーに変えることができれば、人は大きな成長を遂げるきっかけにもできるのです。

 

情報を全てシャットダウン

言ってることとやってることが違う人が嫌いな場合は、その人との繋がりをできるだけ避けていくことが一番の対処法で、SNSでの繋がりを避けることやラインをブロックするなど、とにかく情報を全てシャットダウンしていきましょう。

物理的距離も常に一定の距離を保っておくことが重要で、視界に入らない程度の距離感を保ちつつ、自分が好意的に思う人物との関わりを積極的にしていけば、より幸せで快適な私生活を送ることも可能です。

少しでも嫌いな感情を抱いているのか、心の底から嫌っているのかでも、ショットダウンの範囲を変えることが必要ですが、心の底から嫌っている人の場合は、全てシャットダウンすることが重要であることは間違いありません。

そうした人と少しでも繋がっていることは、情報を目にする度にイライラとした気持ちにさせ、快適な休日に支障をもたらす原因そのものなので、徹底的にシャットダウンするくらいの勇気が必要となります。

 

鬱陶しい気持ちは隠し通す


言ってることとやってることが違うことは、時として「鬱陶しい存在だ」と思えることになりますが、その気持ちはあなたの心の中にしまったおけばよく、わざわざ相手に伝える必要はありません。

嫌いならば嫌いなりのベストな対処法があるのですから、その鬱陶しい気持ちは信頼できる友人との愚痴を交わすことで、スカッとした気持ちにさせましょう。

また、あなた自身が完璧主義になりすぎないことも大切なことであって、相手に完璧ばかりを求めてしまう心理状態となることは、相手を苦しめることに加えて、あなたが加害者となってしまうリスクが出てきます。

そうではなくて、完璧な人間など存在しないことを再確認した上で、自分が他人に対して完璧主義になりすぎていないのかの確認をした後に、上記で述べた対処法を実行していくことにしましょう。

【鬱陶しい関連の超おすすめ記事】

・笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個

・【いじってくる人の本音】男性に多い理由〜対処法17選|好き嫌いの判別も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP