単純な人が持つ魅力と短所10個|特徴診断・天職・恋愛傾向まとめ

あなたって単純だね」「単純すぎて心配になるよ…」「単純な人間は損をする」など、単純な人ほど何かと周りから心配されがちで、単純だからこその失敗談も数多く存在します。

単純な人には長所と短所がはっきりと分かれていて、ここでは長所を魅力として紹介することにします。

さらに特徴から導く天職や恋愛傾向を知ることができれば、単純だからこそのメリットが見えてくることは明確で、自分の強みを知ることにも繋がります。

「単純より複雑な性格の方がいいな…」なんて悩みを持つあなたも、この1ページを読むことで悩みが全て解消し、自分の性格には数えきれない可能性が秘めていることが分かるはずです。

あなたがこの記事を読むメリットは「魅力と短所を知れる」「恋愛や職業に関しての特徴を知れる」「単純だからこその大きな可能性を知れる」3つです。

単純な人の特徴とは?


まずは単純な人の絶対条件でもある特徴を知ることで、あなたが本当に単純な人かどうかを知ることができます。

本当に単純な人に見られる特徴は「考え方や捉え方が素直である」ことで、これは絶対条件として覚えておいてください。

そもそも意味は「他の要素がまじっていないこと。」なので、複雑に考えることなく素直にありのままを受け取ることで、シンプルで最も簡単に考えることができる人こそが、本当に単純な人となります。

つまり「あなたって単純だね…」と言われたとすれば、それは「あなたは捉え方が素直である」と良い方向に捉えることも間違いではないので、できるだけ物事を良い方向に捉えていくことができれば、単純な性格は素晴らしい性格とも言えるのです。

人は大人になるにつれて複雑で裏表が隠れていることがほとんどですが、こうした裏を感じない要素は多くの人から信頼されたり、警戒心を抱かれにくいなどのメリットが見られることになります。

また、中には「単純に見えるけれど実は複雑な性格」な人もいるわけですが、こうした人はバカを演じているだけなので、本当に単純な人とは違って印象操作をしているだけです。

ネチネチと考える複雑な性格なのか、それとも素直に受け止める単純な性格なのか、自分はどちらのタイプなのか?を考えてみるだけでも、複雑寄りか単純寄りかの違いが見えてきます。

 

単純な人が持つ魅力


自分の気持ちに正直である

単純な人は物事をシンプルに捉える人なので、自分の気持ちに正直で「自分が何をしたいのか?」とか、「自分が今どう思っているのか?」を素直に行動に移すことができ、これによるメリットは想像以上に大きなものがあります。

自分の気持ちに正直になれるメリットは「相手にも素直になれる」ことで、相手に素直になれない人の場合「どうぜ自分は理解してもらえない」などと、ひねくれた性格にも近い思考に陥りがちですが、単純な人はこうした考えをすることは滅多にありません。

他にも自分の気持ちも相手の気持ちも認めれない人は、どうでもいい嘘を重ねて自分を苦しめることも多い性格の持ち主なので、本当に単純な人はこうした悩みを抱えることも非常に少ない傾向が見えてきます。

さらに自分の気持ちに正直になることで、「自分が今やりたいことが見つかる」ことも多くの人が羨む魅力であり、自分が本当にやりたいことを貫き通す人生を送ることができれば、空虚感や満足できない日々から抜け出すことも可能です。

学生時代や社会人になってもなお「自分のやりがいことが見つからない…」と頭を悩ませる人がいますが、こうした人は自分の気持ちに正直な単純な人に相談することで、いとも簡単に悩みを解消できるかもしれません。

 

疑わない反論しない

単純に素直だからこそ疑わないし反論しない性格になれるわけで、疑わないことと反論しないことが魅力だと断言できる理由は、こんな部分に隠れています。

その理由とは「成功者の共通点である」ことであって、成功者は自分の考えこそが全てではないことを知っているからこそ、相手に反論するよりも「そういう考えもあるのか」と納得することで、様々な人の意見を聞くことができます。

さらに相手を疑うことなく「なぜそう思うのか?」と疑問に思うことで、様々な疑問を解消していくことで大きな功績をあげることができるのは、成功者になれる資質を持った証拠です。

つまり単純な人は成功者に近い思考の持ち主であるとも考えられ、成功者ばかりと関わることでその思考が素直に身につき、素直に行動に移すことで大きな功績を残せる可能性を持つ人です。

問題点としては、人を見極める能力を持たない人が疑わないことはリスクが高くなることで、反論しないことで都合よく使われてしまうこともしばし見られることです。

 

欠点やミスを認める

自分の欠点やミスを認めることができるのも単純な人の素晴らしさで、世の中には大人になってもミスを誤魔化し言い訳する人もいれば、責任転嫁することで自分を正当化する人が後を絶たず、こうした人は部下を苦しめ職場で嫌われる傾向にあります。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP