「人に恵まれない人生のあなたへ」原因と特徴・対処法を教えます

  • 人に恵まれないのが辛い
  • なぜあの人は恵まれるの?
  • 運が悪いだけなのかな…
  • 今すぐ変われる方法を知りたい!

あなたは上記のような悩みを抱いたことがありますか?はっきりと言いますが、人に恵まれない人生を送ってしまう人は、ある共通点が存在すると断言しておきます。

まずはその原因を知ることで、あなた自身が本当に直していくべき部分を知っておきましょう。本当の原因を知らない限りは、根本的な原因を解決することには至りません。

あなたがこの記事を読むことで得るメリットは、「根本的な原因を知れること」「共通点と特徴を知れること」「今すぐ実行できる対処法を知れること」の3つです。

人に恵まれない原因は3つ

幸福体質でない

幸福体質とは「良い出来事を引き立たせる力」のことであり、幸福体質が高い人ほど幸せを引き寄せると言います。逆に幸福体質が低い人は、幸せを遠ざけ不幸を引き寄せるわけですから、人に恵まれないのも当然です。

幸福体質が低いかどうかの見分け方は「幸せを感じやすいかどうか?」です。あなたが小さな幸せでも幸福感を感じれたり、毎日の些細な出来事が幸せに感じれるのであれば、幸福体質は高いはずです。

幸福体質が低い原因としては、「幸福を呼び寄せることができていない」ことが主な原因なので、こちらについては対処法にて詳しく紹介することにしましょう。

幸福か不幸かの分かれ道とは案外単純なものなので、自分ばかりが不幸だとか、他人にはいいことばかり起きると思い込んでいるあなたは、今すぐ対処法を実行することで、内面から変わっていくべきです。

 

波長が低い

波長が低いとは「低い志」のことを示します。つまり「運がない」「人間関係に恵まれない」「仕事にやる気が起きない」などは、全て波長が低いことが原因であると考えるべきです。

特に人に恵まれない人生を送ることは、波長が低い人の典型的特徴となっているので、波長を高めていくことで付き合いを変えることができ、魅力的な人を引き寄せる力を持つことができます。

悪いことばかりが続く人や、嫌なことばかりが続くことが人生にはありますが、これはまさに波長が低い状態を示しており、逆にモテ期などの波長が高い状態では、幸せなことが連続で続くことが分かりやすい例です。

今が人生のどん底であるとか、負の悪循環にどっぷりとはまっている人がいるとすれば、波長を高める対処法を実行していくべきでしょう。

 

育った環境

人に恵まれるか恵まれないかは、育った環境が原因であることも多いです。複雑な環境で育ったきた人は、捻くれた性格や社会での人間関係がうまくいきにくい特徴を持ちます。

理由は簡単で、幼少期に十分な愛情を注がれないで育った子供は、大人になることで様々な支障をもたらすことが分かっているからです。こうした環境で育った人のことを、アダルトチルドレンと呼びます。

例えば性的虐待を受けながら育った子供は、大人=汚い存在だとか、大人=信用できないといった思考回路になりやすく、素直に相手の優しさを受け入れられないなどの、捻くれた性格となりやすいです。

逆に育ちがいいと言われる人を思い浮かべてください。そうした人ほど幸福そうである人々を引き寄せたり、人に恵まれない人生を送っているイメージができる人は少ないはずです。理由は簡単で、そうした人ほど人に恵まれやすい特徴を持つからです。

 

人に恵まれない人の特徴10個

自分本位である

自分本位とは「自分の立場でばかり物事を考える人」であり、自己本位な人は相手の立場となって物事を考えようとしないために、常に自分がどう思うのか?を優先します。

例えば、自分の利益ばかりを優先することや都合のいい時だけ他人を頼るなど、相手が嫌がることを平然とできることが特徴的で、こうした人は打算的な性格であるとも言われやすいです。

このタイプが人に恵まれないのはある意味当然のことであって、自分優先で相手にとっては有害な存在となる人物を、大事に扱おうなんて思うわけがないのです。むしろ「嫌いな人物だ」と厄介がられるはずです。

逆に自分本位な人ほど、自分の意見をきちんと相手に伝えることができたり、他人に流されない強い自分でい続けることができるものですが、短所ばかりが目立ってしまう自分本位な人は、自慢話やわがままなどの嫌われる要素がたっぷり詰まっています。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP