リア充アピールする人の心理的特徴10選

今の時代はたくさんのSNSを使い分けることが普通となり、たくさんの人がSNSを使用しています。

そして人のSNSを見てみれば、その人がどのような性格の持ち主なのかが、はっきりとわかる場合もあります。

SNSを通してリア充アピールをする人は、まさにこのタイプに当てはまります。

常にリア充アピールをしてしまう人というのは、過去のトラウマや心の闇を抱えている人が多く、さらに人間のタイプまでもが非常に分かりやすいです。

今回はそんなリア充アピールをする人の心理的特徴について、10選にまとめてみました。

スポンサードリンク

周りより目立ちたい

リア充アピールする人の心理的特徴の一つは、目立ちたがり屋であることです。

とにかくどんなことでも自分が中心にいて、いつも目立つ存在でいたい。

そんな思いが心にあるので、それをリア充アピールという形で表現してしまいます。

ちなみに生活がどれだけ充実していても、目立つ気持ちが少ない人はリア充アピールは滅多にしません。

 

自信を取り戻したい

過去にいじめなどのトラウマや、恋人に裏切られたというトラウマが、自信喪失に繋がり、やがてリア充アピールをするようになります。

リア充アピールをすることで、過去のトラウマを消し去ろうとする自己防衛反応が起こっているとも考えられており、これは過去のトラウマを突き止め、その原因を無くさない限りは、改善は難しいといえるでしょう。

このパターンでよく見られるのは、恋人に裏切られたショックから、元恋人に仕返ししてやろうと、SNS等でリア充アピールをしてしまうことです。

もちろんそんなことをしたところで、過去のトラウマが消えるわけではありません。

 

独占欲が強い

独占欲が強い人は、なんでも自分が一番でないと気が済まないという、典型的な性格の特徴が見られます。

ですから心理的には、常にリア充アピールをして、自分が№1だ、自分に逆らうなと威嚇しているのです。

そして周りにチヤホヤされ始めると、その効果から独占欲が満たされ、病み付きになってしまいます。

リア充アピールをすることで、周りと差をつけようと心の中では必死なのです。

 

自己主張をしている

外に出れば自己主張ができず、自分という人間をアピールできないからこそ、SNSを通して自分をアピールしようとする心理が強く働き、その結果がリア充アピールに繋がってしまいます。

しかし、問題は多くの人がSNSをしているということです。

多くの人がSNSでたくさんの投稿をしますので、リア充アピールをして、より多くの人からの注目を浴びることで、自己主張できたと満足感を得ているのです。

 

認められたい

自己主張ができない人は、こちらの認められたい心理にも当てはまっているといえるでしょう。

外の世界で認められないからこそ、ネットの世界でリア充アピールをしてしまうわけですが、このタイプは友達の前でもやたらとリア充アピールをする傾向が強いです。

ですから恋人ができた時は、自慢話を聞かされてしまうこともしばしば。

リア充アピールをすることで、他人よりも優位に立った気持ちになり、認められたい欲求を解消しているのです。

また思うように結果が出ない人は、認められたいという強い心理が働き、攻撃的にもなってしまいます。

 

空気が読めない

リア充アピールする人の中には、空気が読めない性格のタイプも存在します。

いつも慎重で周囲に配慮しようとする人は、そもそもリア充アピールをしようとはしませんが、空気が読めない人はそんなことは気にしません。

ですから周りの目を気にせずに、文句をSNS等に書き込んでしまうこともしばしば。

ただし本人は空気が読めていないこと、また自分がリア充アピールすることで白けている人がいることなども知りません。

このように空気が読めないからこそ、周囲がどんな状況にあっても、構わずリア充アピールができてしまうのです。

 

自慢したい

これはリア充アピールをする人に、一番多く当てはまる心理的特徴でしょう。

幸せを自分の心の中にためておくのではなく、周りに聞かせることで、より満足感を得ようとします。

人はたまに自慢をすることで、自分を高く評価してもらえるということが分かっているのです。

ですからたまに自慢をすることで、自分の評価を保つという結果にもつながります。

 

ほめられたい

リア充アピールする人には、いつも自分を褒めてほしいと思ってる人も多くいます。

つまり、自分の人生を認めてあげるには他人からの評価が絶対に必要で、自分で自分を評価することができない人達なのです。

他人から褒めてもらって初めて自分を納得させられるので、その一環としてリア充アピールを行います。

リア充アピールをすれば、たくさんのリアクションがあり、その中には自分を褒めてくれる人がたくさんいます。

 

自分を盛り上げたい

リア充アピールする人の中には、本当はちっとも充実なんかしていないのに、嘘でもそれを盛り上げていくためにリア充アピールする人もいます。

つまり、やたらと頻繁にリア充アピールする人ほど、実はちっとも充実感を得ていなくて、それをなんとか盛り上げていきたいと心で強く思っているのです。

インターネットでリア充アピールすれば、それを見た人がいい反応を示してくれることもあるので、その反応を見て自分を納得させようとしているのです。

 

気持ちが舞い上がって

気持ちが舞い上がってしまい、その場の勢いでリア充アピールをしてしまう人も多くいます。

例えば旅行に行けば気持ちが舞い上がるのも当たり前ですし、美味しい物を食べると当然気持ちは舞い上がります。

その舞い上がった気持ちをより多くの人に聞いてほしいと思った結果、たくさんの人に見てもらえるSNSにリア充アピールな投稿をしてしまうのです。

または電話をするという手段をとる人も多いです。

 

リア充アピールはほどほどに

心理的特徴10選をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

たまのリア充アピールなら、周りの友達や家族も心からそのリア充を喜んでくれるでしょう。

しかし、毎週のようにリア充アピールをする人というのは、必ず周りから煙たがられ、人が離れていってしまいます。

人間には嫉妬心という醜い心理が働き、嫉妬心が働けばストレスをため込むという結果に繋がりますから、多くの人は嫉妬を抑えきれず、リア充アピールをする人から離れていってしまうのです。

関連記事

寝てない自慢やアピールする人の特徴7つ

具合悪いアピールする人の心理的特徴6つ

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP