嫌われてる気がする心理的特徴と確かめ方9選

嫌われている気がする時というのは、なぜか気分が落ちたり、前向きな気持ちになることができなかったりするものです。

また、考えすぎたあげくにたくさんのストレスを抱え込んでしまい、感情的になってしまう可能性も考えられます。

今回の記事では、そんな嫌われている気がする心理的特徴と確かめ方について、9選にまとめてみました。

病は気からといいますが、あなたの感じている周りの目というのは正しいのでしょうか?

スポンサードリンク

被害妄想

まず、嫌われている気がする心理的特徴の1つとして、被害妄想が考えられます。

このタイプの被害妄想を抱く人というのは、例えば、くしゃみをした人に対して「くしゃみをかけられた」とか、「周りが馬鹿にする」などの妄想を抱くことも多く、これは精神的な病が原因であることも多いです。

また、妄想癖が酷すぎて「パラノイア」と診断されてた人の場合は、攻撃的になったり、被愛妄想、誇大妄想といった症状も見られるので、少しでも症状に当てはまると感じた人は、一度お医者さんに相談してみることをおすすめします。

 

自分に自信がない

自分に自信がない人というのは、ネガティブ思考である人が非常に多く、常に周りの顔を気にして行動を起こしたり、嫌われないために行動をするといった特徴がみられます。

ですから少しでも冷たい態度をとられると、「自分は嫌われているのではないか…」「嫌われている気がする」と、自分で自分を苦しめてしまいます。

心理学ではこういった症状を、「防衛機制」といい、その中に「投影」という言葉が存在しますが、これは自分が嫌いだから相手もそうだろうと無意識に考えてしまう心理であり、自分に自信がないネガティブ思考な人に当てはまりやすい心理的特徴であります。

 

相手の対応の変化

相手の対応の変化とは、例えば「いつも誘ってくれていたのに、最近誘ってくれない…」や「話を無視された」などの時に、思い込んでしまう心理的特徴であり、こういった状況に陥った時に、多くの人が嫌われているかもしれないと不安を感じます。

確かに嫌われていて、仲間外れにされている可能性も考えれますが、逆を言えば自分が受け身になっているからだとも考えられます。

いつも誘ってれるのにと思うのであれば、自分から誘えばいい話であり、これは自分勝手な考え方だともいえます。

 

育った環境

育った環境によっても、嫌われている気がする心理が強く働く大人へとなってしまう場合があります。

例えば両親に十分な愛情をもらわずに育った子供は、大人になると愛情を注がれないことに恐怖心を感じ、独占欲が強くなる可能性が考えられます。

この独占欲が強くなってしまえば、自分中心で物事が進んでいなければ、仲間外れにされたように感じてしまい、嫌われている気がするといった感情が芽生えるのです。

これは一種の嫉妬ともいえますが、相手が自分意外と等しくなるのが許せなくなったりもします。

 

反応で探る

さて、ここからは確かめ方についてお伝えしていきます。

まず嫌われているかどうかの確かめ方としては、自ら嫌われているかもしれない相手に対して誘ってみるといいでしょう。

この時に重要になることは、メールではなく必ず電話で誘うということです。

もしも嫌われていた場合、急なお願いに相手は「その日は用事がある」と断ったり、「同じフレーズを何度も繰り返す」といった返事をする確率が高まります。

さらに聞いてもいないのに、用事の内容を事細かに話し始めた場合は、嘘の確率が上がります。

悪いこともしていないのに、内容を1つ1つ事細かに話すということは、自分の中でやましいことがある人がしやすい心理的行動であるのです。

また、嘘をつくときは声の質が変わりますので、そういった小さな変化に注目してみるといいでしょう。

 

直接誘ってみる場合

直接誘ってみる場合は、OKが出ない限り相手の反応を事細かにチェックしておきましょう。

人が嘘をついた時にしてしまう無意識反応というのは、以下のようになっています。

  1. 瞬きの回数が増える
  2. アイコンタクトの回数が減る
  3. 目が右上を向く
  4. 動作が小さくなる
  5. 返事を先延ばしにする

上記のような無意識反応がみられますので、一度試しに直接遊びなどに誘ってみて、相手の反応を確認してみましょう。

 

男女で確かめ方を変える

嫌われているかどうかを確かめるためには、男女で異なった対処法をとることも大事です。

女性が嫌いな人へとる態度とは?

  1. 嫌いな人には返事が極端に遅い
  2. 物理的に距離を置きたがる
  3. 目を合わさない
  4. 会話に参加したがらない
  5. 誘いはやんわりと拒否する

男性が嫌いな人へとる態度とは?

  1. とにかく無関心
  2. 表情が硬くなる
  3. 話がそっけない
  4. はっきりと断る
  5. 腕組みや足を広げて座る

男女では上記のような違いがありますので、性別によってしっかりと注目すべき部分を変えるといいでしょう。

 

困ったふりをしてみる

あなたが本当に嫌われていない場合は、困ったふりをすれば相手は親身になって話を聞いてくれたり、本当に心配してくれたりする確率が上がります。

一方で、嫌われている場合は極力近寄らないようにするか、またはめんどくさいので知らんぷりをする、嘘の演技で心配しているふりだけするといった確率が高くなります。

ですから演技でいいので、一度嫌われているかもしれない相手に対して、病んでいるふりや困っているふりをしてみましょう。

その時の相手の反応次第で、好意的なのかその逆なのかの違いがはっきりと表れるはずです。

 

あえて自ら避けてみる

嫌われている気がするのであれば、あえて自ら避けてみるのも確かめる方法の1つとなるでしょう。

本当に嫌われているのであれば、あなたが避けてくれると相手は大喜びなはずです。

一方で勘違いであった場合は、相手からの何らかの誘いや接近があるでしょう。

一度自ら離れてみる勇気を持ってみるのも、確かめるための方法の1つです。

 

愚痴などには細心の注意を払おう

いかがだったでしょうか。

嫌われている気がするというあなたが最も気をつけるべき点は、嫌われていると決めつけてしまい、そして周りに愚痴等をこぼしてしまうことです。

そんなことをしてしまえば、嫌われていなかった場合はもちろん相手は気を悪くしますし、嫌われていた場合は喧嘩の原因にもなってしまいます。

被害妄想かもしれないということを頭に入れておくことで、そういったトラブルを事前に防ぐことができますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

また、「嫌悪感を抱く心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

嫌悪感を抱かれてしまっているとすれば、相手はどんな心理的原因があってあなたを嫌いになったのか?

相手の心の内というのも知ってみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP