薬物中毒者の特徴と見分け方

実は薬物中毒者が必ず痩せるとは限りません。

人によっては食欲が増加する人もいますし、物によっては食欲が増加する物もあります。

正直、体重変動が激しいだけで見分けるということは、難しいでしょう。

 

5.性格が変わる

薬物というのは人の性格さえも変えてしまいます。

症状は人それぞれですが、怒りっぽくなったり、喜怒哀楽が激しくなったり。

依存症の人とまでなれば、確実に性格は少し前に比べるとどこか変わっているはずです。

それもいい方向に変わるのではなくて、悪い方向に変わることがほとんどなので、周りからの評価も悪くなっていってしまいます。

 

6.車内に葉っぱの欠片が落ちている

マリファナや脱法ハーブに依存している人は、車内で行動を起こすことが圧倒的に多いです。

その証拠に、薬物の使用後に交通事故を起こしたニュースが後を絶ちません。

車内の足元を見てみて、細かい葉っぱのかけらが落ちている場合は黒の可能性大です。

 

7.財布や車に隠していることがほとんど

薬物中毒者というのは、すぐに使用できるように身近な場所に薬物を隠しています。

財布の中や車の分かりにくい場所に隠していることがほとんどで、白黒はっきりさせたいのであれば、財布と車内を隅々まで探してみることです。

テレビを見ていてもこのような場所に隠していることがほとんどで、警察に見つかってしまうという映像はよく目にしますね。

 

8.運転が荒くなる・おかしくなる

今までは安全運転だったのにもかかわらず、急に運転が荒くなっている日は薬物を使用している可能性も考えられます。

実際にスピード感覚がマヒし、驚くほどのスピードを出しているのにも気づかない、またはあまりにも過剰摂取しすぎると安全運転過ぎるがゆえに、国道を30キロ程度のスピードで走ってしまう人もいます。

明らかにいつもと運転の仕方が違う日は、人間は心理的な変化があったと考えられます。

当サイトであげている特徴がいくつも見られ、運転がおかしな日は使用している可能性を考えましょう。

 

9.注射跡がある・吸引器を所持

注射跡があるといえば、やはり覚せい剤でしょう。

覚せい剤を腕に注射し、体内に取り込む映像は有名です。

また脱法ハーブなどの場合は、吸引器から煙を体内に取り組むことがあります。

キセルのようなもので普段タバコを吸わないのに、なぜか車内に置いてある場合は吸引している可能性を疑いましょう。

 

10.気分の変動が激しい

テンションバグというのを紹介させてもらいましたが、使用するものによれば、気分が沈みきってしまったり、喧嘩っ早くなってしまったりと薬物の効果はそれぞれです。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP