ゲームでキレる人は病気?治し方や対処法まとめ

大人になってもゲームをすることでキレる人が絶えず、これは男性に見られる傾向が非常に強いです。

女性からすれば、こうした心理が理解できないことは当たり前で、パパになってもゲームにキレてしまう姿に、情けなさを感じるママもいることでしょう。

はっきり言っておきますが、ゲームに夢中になったりキレたりすることは、男性であれば仕方がないことであると最初に伝えておきます。

そんなキレる人への対処法や治し方を知ることで、ゲームに対する悩みがグッと減ることは間違いありません。

ゲームでキレる心理とその理由は?

負けず嫌いで上に立ちたい心理

男性ほどゲームでキレる人が多いと述べましたが、これは男性の性質が関係していて、男はプライドが高くて負けず嫌いな上に、他者よりも上の存在であり続けたいという気持ちが強いです。

それに加えて男性は、一つのことしかできない性質を持ち、ゲームをすればそれに夢中になってのめり込むのが、男性の特徴です。

ゲーム以外でも、カードバトルや口論で男性が必死になるのも、こうした男ならではの性質が関係していて、男性は上下関係をつけることを重視するため、ゲームで負けた=自分の方が下手で下の存在であると思い込んだ結果、キレることで事実と自分の思い込みとの矛盾を解消しています。

これは男性だけに限らず、女性が自分の方が可愛いと思い込んでいたのに、先に彼氏ができたことで嫉妬してしまうことなども、同じような現象です。

男のプライドが許さないとか、男のプライドは高いと言われますが、高すぎるプライドは負けず嫌いな性格となる原因そのもので、他にも自分の非を認めることができないなど、厄介な一面を持ちます。

また、プライドが高い人は自分が笑われることが大っ嫌いであるため、ゲームで負けることで相手がバカにする等の行動を起こすことで、「自分がバカにされた!」と感じた結果、キレてしまうわけです。

基本的に男性は優越感に浸りたい気持ちが強く、優越感に浸ることで自分が有能であることを証明したり、優れている実感を楽しみたいのですが、ゲームで負けることで敗北感を味わうことが、どうも苦手で嫌いなのです。

このタイプはこだわりが強かったり、プロフェッショナルになるにはうってつけの性格である一方で、とにかく頑固で融通が利かないことが欠点となりがちです。

 

支配欲が強い証拠

次に考えられる心理としては、支配欲が強いことが原因で、ゲームに負けることが耐えられなかったり、そもそも自分が思った通りにことが進まないことが、気にくわないのかもしれません。

支配欲が強い人は暴力的でDVやモラハラに走りやすく、運転中に暴言を吐いてしまったり、荒い運転をしてしまうのもこのタイプとなります。

支配欲が強い人にとってゲームで負けることは、「目に見える形で敗北を突きつけられた」わけですから、相手を支配して常に勝者でいたい支配欲が強い人にとっては、勝者になるためにもキレることが必要なのです。

簡単に言い換えると、「この俺様が負けるなんて…あり得ないわ!!!」とキレることで、自分が理想とする結果を招こうとしています。

さらに支配をしたい欲求が強いということは、他人の立場となって物事を考えるのではなく、常に自分の立場で物事を考えることになるため、自己中心的で自分の力を過大評価しており、自分が負けた事実をどうしても受け入れることができないのでしょう。

ちなみに支配欲が強い人は、人間関係を良好に保つことが苦手で、すぐに厄介者扱いされてしまう性格であるため、自ら孤立を招きやすいです。

理屈で言い負かされることが大っ嫌いな、攻撃的な性格こそが支配欲が強い人の特徴です。

 

ストレスを溜めやすい人ほどキレる

ストレスを溜めるほどキレやすくなったり、爆発してしまうことは言うまでもなく、こちらも男性に多く見られる傾向にあります。

男性は悩みや嫌なことを心の中に溜め込むことで、自分の殻にこもって答えが出るまでじっと考え込む特徴がありますが、女性は悩みや不満を口に出して相手に相談することで、定期的にストレスを解消しています。

こうしたストレス解消の違いにより、男性の方がストレスを心の中に溜め込みやすく、その溜まったストレスが爆発してしまった結果、ゲームでキレてしまったのかもしれません。

そもそもゲームはストレス解消にうってつけて、すっきりとした気分に浸れるものであるはずなのに、勝ち負けを重視する男性にとっては、負けることでストレスをなってしまうケースも珍しくありません。

さらにゲームの世界に入り込むことは、一種の現実逃避であるため、そもそもストレスが溜まっている状態の人であることも考えられます。

現実逃避でゲームに逃げてきた人も、ゲームで負けてイラっとした瞬間に、「馬鹿野郎!!」と大声を出すことで、普段の鬱憤を晴らしているのでしょう。

ゲームでキレる友達や旦那がうざいと思う方もいると思いますが、これは一種のストレス解消でもあるため、その場はそっとしておくのが一番です。

このタイプは、普段から解消しきれていない、大きな闇が心にあるケースも考えられます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP