体育会系が嫌い!クズと思う人の意見|上司に無理な理由【完全版】

結果的に、真面目キャラであった人もチャラい口調や行動が目立つようになり、異性との遊びやクラブ通いなどを頻繁にすることによって、どんどんとチャラさに磨きがかかっていきます。

また、チャラさ=男らしさや格好良さと間違った捉え方をすることによって、中高くらいの年齢でチャラいキャラになりきり、自分は特別な存在で他人とは違うことをアピールする人も、比較的運動部には見られやすい心理となります。

 

文化系や帰宅部を見下す

学生時代の序列としては、常に体育会系である運動部が優位な位置に立っていて、文化部や帰宅部は自分たちより下の存在だとの風潮は、今も根強く残っている風潮の1つです。

例えばブラスバンド部に所属する人からすれば、「なんで運動部って体動かすだけで偉そうなの?」と疑問に思ったり、「勉強もできないくせに、運動部ってだけで見下されるのが嫌だ」との感情を持つことは、何も不思議なことではありません。

さらに運動部の中でも序列があって、サッカー部や野球部は最高位に立つ一方で、陸上部やソフトボールなどは比較的見下される立場であることも、体育会系が子供の頃から嫌われる原因です。

体育会系は魅力的な人が所属しやすい部活も多いですし、注目されがちなスポーツがたくさん集まっていることもあってか、何かと優越感に浸れる要素が見つかりやすく、勘違いしやすい環境なのです。

だからこそ、勘違いした運動部に所属する体育会系に対して、学生時代から好きになれなかったと嘆き、大人になっても苦手意識が克服できていない人は、ツイッター等のSNSを使うことで本音をさらけ出し、ストレスを解消しているのでしょう。

 

体育会系の悪ノリが無理

体育会系独特のノリと言えば、飲み会で飲めない人に対して無理矢理飲ませることもそうですし、イベントごとでは楽しそうな顔をしなきゃいけないことも、体育会系に求められるノリでありますが、これらは全て相手が求めているものであって、自分がしたいことではありません。

こうしたノリを無理矢理求められるともなれば、その場にいるノリが苦手な人は疲れてしまうだけですし、何より楽しむことからは遠ざかってしまいます。

他にも、お酒が進むと下ネタ系の話題で盛り上がることが苦手であったり、逃げようとするとノリが悪いと決めつけられることもそうですが、飲み会やイベントで自己中心的でわがままな要求をしてくる存在こそが、体育会系の悪ノリです。

静かにじっくりとお酒を楽しみたい人もいるのに、周りの迷惑を試みずに大きな声を出して騒ぐなど、自分にとっては合わないノリを強要される体育会系の飲み会は、アルハラとも比喩されるほとです。

ノリが良い人ほど人気者であったり、面白い人が多いことも理解の上ですが、何より自分たちのルールを押し付けてくる体育会系の悪ノリは、ストレスの原因そのものです。

 

モテるのが鬱陶しい

体育会系はモテる人が多いと断言できて、そもそも体を動かすことで筋肉質な体になることは、特に男性は女性にとって魅力的に思われる要素の1つとなりますし、スポーツを通して一生懸命な姿は、様々なギャップ効果を生みます。

モテる部活といえばサッカー部やバスケット部が有名ですが、こうした部活は基本的にユニホームもかっこよくて、細かな技の1つ1つがかっこいいこともあってか、学生時代では異性に注目されやすい部活となります。

これに関しては、体育会系に迷惑をかけられているわけではありませんが、人は誰しも嫉妬するものですし、モテる人を羨み妬むことだってあります。

「ブサイクの妬みだ!」なんて体育会系から言われそうですが、中途半端なイケメンや美人は粗探しも比較的されやすいため、アンチのターゲットとなりやすいです。

 

体育会系のクズな部分


いじめが多い

体育会系は運動部内でのいじめも頻繁に発覚していますし、運動が苦手な人に対していじめや見下す態度をとることも、学生時代から体育会系が嫌いで苦手だと主張する人に、比較的聞かれやすい意見です。

強豪校の野球部やサッカー部は特にいじめによってニュース沙汰となりやすいこともあってか、運動部=いじめが多いイメージに繋がりやすく、基本的に部活を続けることができる人というのは、いじめに合わない人かいじめる側の人であります。

もう1つ、体育会系は上下関係に厳しい人がほとんどですので、先輩による後輩へのいじめや嫌がらせを経験した人にとっても、体育会系に対して良いイメージを持つことができませんし、クズ扱いすることは多くなります。

強さを求められる運動部は特に、勝ち負けにこだわり負けず嫌いな性格の人も多いため、どうしても運動が苦手な人はターゲットとなりやすく、権力で弱い者を排除しようとします。

また、スポーツは団体競技であったりチームワークが必要なので、一人を排除しようとする動きが見られると、多くの人が一致団結してしまうことが、体育会系にいじめが多いとされる原因であると考えられます。

 

いじりが酷い

いじめまではいかなくとも、ターゲットとされた人がとことんいじられることも、体育会系に見られがちなうざい一面であって、いじられる側の内心は「鬱陶しい」であることも珍しくありません。

ページ:
1

2

3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP