ユーチューバーの収入の仕組みとは?共通点とコツを知れば誰でも稼げる!

  • ユーチューブってなんで稼げるの?
  • リスクなしで稼げる仕組みが知りたい!
  • 稼げる人には共通点があるのか?
  • どんなジャンルが稼げるの?

これらの疑問を抱く人はこの記事を読むことで悩みが解消し、人気ユーチューバーが億単位という額を稼げる理由と仕組みが分かります。

近年はユーチューブバブルとも言われており、平均再生回数が30万程度の人物でも月収300万は稼げるとも言われている業界です。

実は稼げるユーチューバーにはある秘密が隠されており、再生回数が10万回のユーチューバーよりも、再生回数が5万回のユーチューバーの方が圧倒的に稼げていたりするものです。

ここではそうした多くの人が知らない収入の仕組みと稼げる方法を、一切の秘密なしで暴露していきます。

1.ユーチューブの仕組み


一連の流れと仕組み

ユーチューバーにお金が入ってくる一連の流れは、簡単に言えば「企業が広告費を払っている」からであり、これは街中でもよく見かける光景と全く同じです。

都会ではビルや電車のホーム、または電車の中にもたくさんの広告が付いている光景を目にしますが、これらは企業が「人目が多い場所に広告主を募集しますよ」との募集に対して、多くの企業が広告費を払う仕組みで成り立っています。

ユーチューブも全く同じ仕組みであって、広告を流すことで自社の商品を宣伝したいと考える企業が、ユーチューブ側に広告費を払うことでその一部がユーチューバーに還元され、全員が納得する仕組みがそこにはあります。

もっと簡単に言ってしまうと、ユーチューブチャンネルというのはテレビのチャンネルと全く同じ役目を果たしており、ユーチューブチャンネルが企業の広告塔の役目を果たしているのです。

つまりユーチューブの広告収入というものは、大企業から小さな企業までが大金を支払うことで成り立っており、その一部の利益をユーチューバーに還元している流れこそが、広告収入の仕組みとなります。

収入の仕組みと流れまとめ
企業が広告費を払う→ユーチューブ側が広告費の一部を還元→コンテンツ観覧により視聴者への宣伝となっている。

 

収入となる広告の種類

広告の種類は主に3つであり、動画を視聴する際に流れるCM以外にも以下のような収入が存在します。

ちなみに広告と動画内容が一致するほどCMが流れやすく、例えばFXの話ばかりをするチャンネルであった場合は、グーグル側は視聴者に合わせた広告が出るように工夫していることを覚えておきましょう。

1.インストリーム広告

これはスキップできるCM型の広告のことであって、広告収入のほとんどはここから発生していると言ったも過言ではありません。

5秒でスキップできる広告とスキップできない広告、または非常に長い広告の3つの種類が存在するかと思いますが、これらは全て単価が違ってきたおり、視聴者の目に長くとまる広告ほど単価は高くなる傾向が見られます。

さらに広告内容を全て見てくれた視聴者や実際にサイトに飛んでくれた視聴者など、これらの条件が揃ってやっと収入が発生する形となっていることから、熱狂的なファンはあえて最後まで広告を見続ける選択をする人も少なくありません。

ちなみにチャンネルを運営する側は「どのような広告を出したいのか?」を設定でき、視聴者に合わせた形で広告を流すことも可能です。

 

2.オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは真ん中下に現れる広告であり、視聴者の中には「この広告邪魔だわ〜」と思う人も多い、何かと厄介がられる広告のことです。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP