マツコデラックス炎上

マツコ・デラックス炎上まとめ

みなさんはマツコ・デラックス氏についてどう思っていますか?

この記事では三人称を彼女としますが、彼女は世の中にはびこるありとあらゆる不満を独特な観点からバッサリと物申すことで、世論の代弁者として人気を博しています。

多くの冠番組を持ち、いまやテレビで見ない日は無いと言っても過言ではありません。

しかし、時には偏見なのでは?と言いたくなるような持論を展開し、物議を醸しています。

そこで、今回は最近話題になっている彼女の炎上事件をいくつかまとめてみました。

N国党批判について

「NHKから国民を守る党」、通称N国党について彼女は東京MXの番組「5時に夢中!」内で偏見の強い批判を繰り出し、有権者を中心にリアルタイムで批判が集まり、ついには同党代表の立花孝氏が反応し、彼が直接対決を希望して動き出すまでの騒ぎになりました。

その炎上した発言と経緯について具体的に見ていきましょう。

  • 同党とその代表について、「宗教みたいで気持ち悪い」と批判
  • 実際に議席を獲得しているのにも関わらず、その投票理由について「冷やかしでしょ」と批判
  • これを受けて、代表の立花孝氏が「自分を馬鹿にするのは構わないが投票してくれた有権者を馬鹿にすることは許せない」という理由で同放送中に生配信を決行。その抗議の様子を生配信し、話題となりました。

次はこのマツコ氏の発言に、批判が集中した理由について考えていきましょう。

有権者を馬鹿にした

同番組内でマツコ氏はまず政権放送での立ち振舞について、宗教みたい、気持ち悪い、と言及していました。

たしかにあの政見放送をご覧になった方はわかると思いますが、一風かわったものであることは否定できませんね。

これについては言い過ぎという声もあると思いますが、そこまでの批判はないと思います。

次に、実際に議席を獲得した理由について意見を求められた際、「冷やかしでしょ」といった発言をしてしまいます。

これについては投票した有権者を馬鹿にしたものであり、偏見であると言えるでしょう。

この発言を受けて立花氏は投票してくれた有権者のために実際に動き出し、同党のキャッチコピーである、「NHKをぶっ壊す」にかけて「マツコ・デラックスをぶっ壊す」を掲げて猛抗議しています。

立花氏についての批判はともかく、偏見で有権者の批判をした点は浅はかであったと言われても仕方ないのではないのでしょうか?

バラエティ番組で世論の代弁者という確固たる地位を築いた彼女であっても、政治的な観点から世間の声を代弁することはできなかったようです。

お茶の間で人気の芸能人が調子に乗って政治的な問題に触れてしまい、無知が露呈して批判されるといったことは過去にもいくつかありましたね。

具体的に言うと、関口宏氏や水道橋博士氏などが政治的発言で無知を晒し、赤っ恥をかいていました。

引退した島田紳助氏は「行列のできる法律相談所」内で、自身が政治についてテレビで意見できるほど詳しくないから、政治の番組では難しそうな顔でごまかしている、などと発言していました。

このように、自らが無知であると自覚していれば迂闊な発言をしないものですが、今回N国党が実際に議席を獲得したのは世間の多数決の結果であるにも関わらず、マツコ氏はそれを無視して自分の意見を優先し、投票者を馬鹿にしているとも取れる発言をしてしまいました。

これには世間が怒るのも無理はないですね。

謝罪をしていない

今回のマツコ氏の発言は実際に立花氏が動いたこともあって、かなりの大事になっています。

これはもちろんマツコ氏の耳にも入っているはずですが、依然としてマツコ氏はこのことに対し、静観を続けています。

立花氏の行動は過激すぎるとの声もあり、たしかにそれは誰もが認めるところでしょう。

しかし、問題なのはマツコ氏が依然として静観を続けていることです。

有権者を批判したことについては番組内でなんらかの謝罪があってもいいのではないでしょうか?

闇営業問題について、宮迫博之氏と田村亮氏が会見を開いたのは皆さんの記憶に新しいことだと思います。

あの会見では、お二人が自らの過ちを何度も嗚咽しながら正直に謝罪していました。それをご覧になった方の殆どはその誠意に免じて許したのではないでしょうか?

謝罪会見までする必要は無いと思いますが、マツコ氏も番組内で自らの非(有権者を批判したこと)を正直に謝罪すれば殆どの方は気持ちが晴れるのでは無いでしょうか?

直近に上記の謝罪会見があったということもあり、依然として沈黙を貫く彼女に対してより世間の不満は募るばかりです。

 

新しい地図への批判、圧力問題

元SMAPの香取慎吾氏、草彅剛氏、稲垣吾郎氏は現在「新しい地図」として活動されていますね。

彼らが不自然にテレビ出演しなくなったことについて、世間ではジャニーズ事務所からの圧力があるのでは?との声が出ています。それを受けて公正取引委員会がジャニーズ事務所へ注意したことも記憶に新しいですね。

しかしこの新しい地図のテレビ出演に対して、マツコ氏も圧力をかけていたのでは?と週刊文春が報じました。

事の発端は2017年10月24日放送の「5時に夢中!」へ稲垣吾郎氏が初出演した際、その反響が大きく好評であったため、同番組スタッフと稲垣氏の所属事務所との間で稲垣氏を準レギュラーにしてはどうかという声があがりましたが、それにマツコ氏が猛反対したため、白紙にもどったということです。

その問題について週刊文春がマツコ氏に直撃したところ、彼女は圧力については否定したものの、

  • 「あの三人はSMAPだからチヤホヤされていただけ」
  • 「SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか?」

とコメントしたという話です。

この週刊文春の記事を受けて彼女は、編集に悪意があるとの声を上げましたが、その発言については特に否定しませんでした。

これに対してツイッターでは、「結局新しい地図を批判したことは変わりない」「がっかりした」などの声が上がっています。

いくら人気者の彼女といえども、元国民的アイドルとそのファンを敵に回してしまってはある程度のイメージダウンは避けられないのではないでしょうか?

週刊文春の悪意のある編集にはすぐに抗議するのであれば、新しい地図を批判したことについて、彼らとそのファンにすぐに謝罪したほうがいいのでは?と思ってしまいますよね。

 

小泉進次郎氏について、大っ嫌いですと批判

8月8日に小泉進次郎氏と滝川クリステル氏が婚姻届を提出したことは記憶に新しいですね。

しかしそのニュースを受けて、マツコ氏が過去に小泉進次郎氏を批判したことが大きな話題となっています。

2012年、「5時に夢中!」内でマツコ氏が当時話題となっていた、小泉進次郎氏に対する印象を問われた際、

  • 「うん、大っ嫌いです!」
  • 「血反吐吐くほど嫌いです」

とバッサリと批判しました。これについてその理由を求められると、

「何をしてくれたのよ、このガキが!!」

とまたまた一刀両断。

たしかに当時はまだ新人で、大きな実績もなかった彼はその端正な顔つきと、小泉純一郎元総理の息子ということで異様に持ち上げらるような報道が目立っていました。彼女のこの発言はそのメディアの不自然な持ち上げ方に対する批判も込めてのことでしょう。

しかし彼はその後メキメキと頭角を表し、現在ではポスト安倍と言われるほどの実力をつけています。

今後小泉進次郎氏に関する報道がされた際、過去の発言について、彼女がどういう反応をするのか気になりますね。

 

マツコ・デラックス炎上まとめ|終わりに

いかがでしたか?

世論の代弁者として人気を博す彼女ですが、ここへきてその偏見の強さが露呈して、世間の批判が集まっています。

彼女は自身の発言について今までこれと言って謝罪をしてきませんでしたが、今はそのまま何事もなかったかのように活動を続けられるとは思えないほど、世間の不満が高まっていますね。

果たして元サヤに戻ることができるのか?それともこのまま我が道を行きつづけることができるのか?

今後の彼女の活動に目が離せません。

もっとマツコ・デラックスについて読みたい、という方は、【みんな大好き!】マツコデラックスの魅力5選も合わせてご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP